~NEXT INNOVATIVE~

REモデル経営「 HR経営ツール 」ブログ@船井総研アミューズメント

2018年2月22日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑩  e-ラーニング

デジタルシフト, 教育制度, 時流

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

デジタルシフトの一つに「 研修 」も活用できます。
船井総研も社員数がここ数年増え続け(700人)「 階層別研修 」の実施が困難になってきました。
そこで、数年前から取り入れている「 経営ツール 」が「 e-ラーニング 」です。
いわゆる「 ネットの学習プログラムでお勉強 」ですね。
階層別に受講するコースが毎月決められており、それを各自、自分の好きな時間・場所で受講します。


例えば、こんな項目です(一部抜粋)
・論理的思考力ステップアップコース
・マネジメントの基本コース
・職場のコンプライアンスステップアップコース
・人を動かすプラン&プレゼンテーション基本コース
・企業会計ベーシックコース
・企業会計アドバンスコース
各コース30~60分の講義がアニメーション形式で進みます。受講後には確認テストもあります。
※確認テスト、合格点を取れるまで「 修了 」となりません。

人事部は、毎月の受講案内(リマインド)を全社メールで送るだけです。ので、資料を用意したり、会場を用意したり、受講者の参加確認をしたり、、、といった、これまでに時間を要した仕事が、完全になくなりました。
受講、未受講を一元管理で把握できるので、各部署の責任者に未受講者を伝えれば、受講率100%も容易に実現できます。

各自に受講品質(人間性)が委ねられる方式なので「 本当に、真剣に受講しているのか? 」は、計りかねます。し、その研修効果を計り得ることも、事実上不可能です。が、そもそも「 研修 」というモノは、そういう性質のモノです。対面式であっても、e-ラーニングという形式であっても、研修と言うのは、どこまでいっても「 本人の人間性に依存する 」モノです。

経営者としては、そのような性質も含めて「 自発的な成長の機会(環境)を整えること 」も求められます。成長意欲が高い社員にとっては、何度も自己学習できることもあり、これほどありがたい教育ツールはありません。特にネット環境がスタンダードで育ってきた若い世代には、違和感なく受け入れられます。し、採用活動においても「 社内教育制度 」として、アピールするツールにもなりますね。


Q:研修と言う経営ツールを、デジタルシフトという切り口で、会社と社員を成長させる方法は?

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやす伝える専門家)

2018年2月21日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑨  コンプライアンス

企業倫理, 教育制度, 理念・ビジョン

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

芸能界でも、一つの情報が出回ると、一気にSNS上で拡散する時代になりました。
そんなこともあって「 情報誌 」「 雑誌 」の販売部数も、ピーク時の半分やそれ以下、というレベルのようです。
確かに、実際、ここ2年ほど芸能界もスクープで賑わっていますが、「 わざわざ 」雑誌誌を買ったか?というと、そんなことは、1度もありません。そのほとんどが「 スマホ(WEB) 」です。

情報の入手が簡単になったことと言うのは、同時に、情報の共有、悪く言えば拡散が容易になったこととも言えます。
経営者本人はもちろん、社員~アルバイトに至る全員が、普段、何げなくつかっているスマホやSNSツールが、便利になった半面、経営リスクを容易に生み出すツールにもなっている、という認識を持たなければならない時代です。

現場あるあるの、簡単な事例で言うと「 深夜のSNS指示 」です。
管理者は、思いついたときに、(さすがに電話する時間ではないからと)SNSを送信しています。深夜の2時とか3時ですね。
便利ですが、それが「 記録として残り続ける 」のです。悪意ある受け捕り手であれば、労働基準局に「 証拠 」として、持ち込まれかねません。


また、数年前、コンビニで働くアルバイトが「 アイスクリームBOXに入った写真 」をSNS上にアップしたことが話題になりました。結果、休業に追い込まれたのは、皆さんもご存知の通りです。このように、分かりやすい事例もあります。が、昨年の「 インスタ映え 」が象徴するように、悪ふざけではなく、良かれと思ってSNS上にアップした写真が「 結果的に 」問題を引き起こすこと、もあります。


例えば、その写真に、個人が特定できる写真が写っていた、や、はたまた「 動画撮影 」では、使用してはいけない(著作権)「 音楽 」が、動画撮影した際に流れていた、ということです。
これらの多くは「 知らない 」という事実がほとんどです。その結果、本人や会社が大きな損失をすることになります。
船井総研でも、ここ数年、両方のケースで問題になることが発生しています。会社としては「 働き方改革 」「 ノー残業デー 」など、前向きな言葉を走らせると同時に「 コンプライアンス研修 」「 E-ラーニング(ネット学習) 」などの機会を増やしています。これらは、一度「 気を付けよう! 」と言えば解消するテーマではありません。しつこいくらい経営者から発信し続けるテーマです。なぜなら、それほど、情報が簡単に入手&発信できる時代に変わったからです。経営者の発信する量を変える他、ありません。

 

Q:社員が、コンプライアンスを意識する機会を何回、作ることができていますか?

 

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやす伝える専門家)

2018年2月20日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑧  グレートカンパニー視察ツアー

グレートカンパニー, 理念・ビジョン, 経営者マインド

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

船井総研には、その昔から、お客様と一緒に企業や店舗を視察する「 視察クリニック 」という商品があります。船井総研には、その昔から「 モデル商法 」という手法があります。船井総研には、その昔から「 100件行脚 」という手法があります。

これらに共通するのは「 アナログの手法 」ということです。「 効率化 」が求められ、IT化、デジタルシフト、AIという言葉が圧倒的に増えてきた昨今において、この非効率な手法論が、一層、重要な手法になってきました。

「 情報 」は、簡単にネットから、かつ、ほぼ無料で入手することが可能です。また、効率化を進めるためのビジネスツールの多くも、多くが安く、または無料で導入することが可能です。なので、経営としては、情報を簡単に入手する仕組みと、効率化させるためのビジネスツールは、どんどん会社に取り入れていくべきです。その方向性に、ギアを切り替えないと、完全に置いて行かれます。お客様に置いて行かれるのはもちろんですが、若い社員やアルバイトの人から「 古い会社だ 」と思われ、離れていくのです。

船井総研の会員企業様で、成長志向の経営者は、年に1度は「 バージョンアップの機会 」を設定されています。その一つの機会として、船井総研の「 グレートカンパニー視察クリニック 」があります。毎年、アメリカやヨーロッパのグレートカンパニー企業を訪れる、という企画です。この企画のすごいのは、一週間で、一気にグレートカンパニー企業を訪れること、そして、その企業のトップマネジメントの講演を聴けること、です。この企画を実現している企業は、船井総研以外にありません。2018年からは、アジア諸国含めて、年4回のグレートカンパニー視察クリニックの開催が決定しています。

デジタル時代においても、アナログを活用したバージョンアップ、経営者の皆様には、おススメな発想です。

 

Q:今年、どんなバージョンアップの機会を、自分に投資しますか?

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやす伝える専門家)

2018年2月19日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑦  上海研修

グレートカンパニー, 教育制度, 時流

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

「 研修 」と言うのも、分かりやすい経営ツールの一つです。が、反面、研修と言うのは「 最も成果が分かりづらい経営ツールの一つ 」と言えます。実は、その大半の理由も分かっています。それは、「 研修することが目的になっている 」ことと「 何を達成すれば正解なのか?のゴール設定がなされていない」 ことです。                                  ※あ、最悪のパターンは「 社長に言われたので、とりあえず、見積りください。 」という主旨で開催される研修です(涙。

さて、研修が必要な理由を「 自動車運転免許の取得 」に置き換えて説明します。ちなみに、研修と言うのは、大きく分類すると「 1.スキル研修 」と「 2.マインド研修 」になります。

1. スキル研修、とは、道路交通法の知識や、車を運転する技術そのものです。                         2. マインド研修とは、車を運転する上での心構え、です。

いくら、運転スキルが上級者であっても、安全運転を最優先する心構えのないドライバー(法令無視、飲酒運転、乱暴な割り込みや煽り運転など)では、困ります。どうでしょう?こう考えると「 どっちも大事だけど、やっぱりマインド大事よね、、、 」と思いますよね?では、その、最も成果が分かりづらい「 マインド 」は、どう研修すれば良いのか?という話です。

それが「 上海研修 」です。昨年12月、船井総研は、海外研修を実施しました。上海です。600人を越える社員が、2回に分けて2泊3日行きました。

「 びっくり 」しました。

中国のIT化のスピード感は、日本のそれのずっと先を行っていました。特にキャッシュレス化は、国政と企業の一体化により70%超の浸透率でした。コンビニはもちろん、地元のスーパーでさえキャッシュレスで、、、という体験は、まさに「 びっくり 」でした。これらの情報は、確かにネットで調べれば、いっぱい出てきます。が、やはり、自分が体験することで得られることの「 質 」が違います。ネットで得られるものは「 情報 」です。体験して得られるものは「 感情 」です。

我々人間は「 感情が動かないと行動しない 」動物です。行動スピードと量を増やすには、この様な「 びっくり体験 」を、意図的に増やすことも、有効な手段(投資)です。

 

Q:あなたは、あなたの会社には「 びっくり体験日 」が、計画されていますか?

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

 

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月17日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑥  年間会議

教育制度, 理念・ビジョン

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

2005年12月に船井総研に転職して、一番驚いたのが、これかも知れません。
「 年間の会議スケジュールが決まっている 」
「 年間の会議スケジュールが印刷された手帳が配布される 」
です。

当時、社員数は500人程度だったと思います。
その社員が「 月に2回 」会議日には「 全員 」集まるのです。
その全員が集まる会議日が「 年間で 」決まっているわけです。驚きました。
そして、その優先度は、経営トップである社長から、昨日入社した社員まで、同じです。
この全社会議が「 最優先 」されます。お客様から、その日に来て欲しいという声があったとしても、この会議が優先されます。
未だに、船井総研に転職してくる人は、この価値観に、違和感を覚えるようです。
これこそが、まさに「 経営ツール 」の影響や効果です。

仮に、社長や執行役員が、お客様に呼ばれたから、と、そちらを優先したとします。すると、それが事例事実となり、全社会議に参加しない社員が増えます。普段から、全国に出張している社員が集まる数少ない機会がなくなります。そのことで、帰属意識やモラルの意識が薄まり、すなわち、定着率の低下、人間としての品質の低下、などを招く要因になるのです。

この様に、会社として何よりも優先順位が高いイベントは、年間計画で提示することが、もっとも社員に、その価値を伝える経営ツールとなります。


Q:まず、今年、どのイベントを年間計画として、全社員に発表しますか?その日程は、全社員がメモしましたか?

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」


株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月16日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」⑤  社員表彰 

教育制度, 理念・ビジョン, 経営者マインド

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー
http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

 

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

Q:社員表彰を「 経営ツール 」と位置付けた場合、どんな目的があるでしょうか?

表彰というのは、やはり「 嬉しいこと 」です。
表彰と言う形式でなかったとしても「 褒められる 」というのは、やはり、嬉しいことです。
それは、なぜかというと「 自分の仕事を見てもらえている 」と思えるからです。
認めてもらえた、というよりも、この「 見てもらえている 」ということが、ものすごく大事なポイントです。
どうしても、会社では、声が大きい人や華々しい業績を上げた人が目立ちがちです。その社員も表彰されてしかるべきです。
が、それだけでは、他の社員に好影響を与えることができません。
そ、表彰式には、この様な「 モチベーション 」というテーマに注目されるかと思います。が、
実は、経営ツールという視点においては、もっと、大事な視点があります。

A:経営者が、社員に期待している価値観を、表彰項目を通じて伝える

この視点です。いかがでしょう?
例えば、弊社主催の「 アミューズメントビジネス経営研究会 」では「 皆勤賞 」を、毎年、表彰項目で表彰しています。2017年の該当者は28名でした。つまりこれは「 毎回出席していただくことを大事にしたいという想い 」が、弊社にはあるからです。
このように、表彰項目は、経営者である皆様が、自分の会社で大切にしたい価値観、称賛されるべき価値基準を「 全社員に示す 」良い機会でもあるのです。

例えば、過去の「 イケイケ船井総研時代 」において、年間MVP社員は「 その年で、一番稼いだ社員 」という、数字至上主義、の表彰項目でした。良い面では、数字に対する意識の高まり、があります。反面「 自分だけ良ければ良い 」「 稼げれば、人間性は特に気にしない 」という社員を認める価値観でもあるわけです(そう受け取る社員もいる)。
この項目が、高嶋体制から変わりました。つまり、経営者からのメッセージ、価値観の変容です。そのことにより、離職する社員も出るほどのインパクトがありました。が、それ以降、増収増益を続けている事実だけを見れば、それは、リスクというよりも、上手な経営ツールの使い方だったな、と思います。


Q:表彰制度はありますか?その表彰項目は、経営者自ら考えていますか?時代に合わせて、リニューアルしていますか?

 

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

 


株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月15日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」④  定番セミナー廃止

ビジネスモデル, 経営者マインド

★初開催★【60分「無料」WEBセミナー】<ぱちんこホール/経営者限定>

≪初開催!60分無料、WEBセミナー≫※ぱちんこホール/経営者限定
評価制度【REモデル】セミナー 3月19日(月)13時~14時

http://funai-amuse.peatix.com(お申込み&詳細はコチラ)

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

 

2017年、アミューズメント支援部に激震が走りました、、、。

「 定番セミナーは、今年で廃止! 」

 

「 定番セミナーと言えば、船井総研 」と言えるほど、長い間、かつ、多くの方に支持していただいたコンテンツ(商品)です。21回、つまり20年にも渡って継続してきた「 看板セミナー 」です。を、廃止したのです。業界が成長期で、業績アップノウハウを発信する場が少なかった当初は、全国で600名ものお客様が参加されていたようです。最近、競合セミナー(各種コンサルなど)や多くの情報がwebから入手できる時代になったとはいえ、350名を超えるお客様が参加されていたのです。

 

Q:では、なぜ「 船井総研全社の中でも、未だに一番集客できている商品を廃止にしたのか? 」です。

 

多くの経営者は「 増収増益 」掲げ、または、そうありたいと思っています。が、ぱちんこ業界も、その他多くの業界と同様に、環境の変化が大きい業界です。ので、過去と同じ経営方針・営業方針で増収増益を達成する可能性は、0%と言っても良いでしょう。そのため会社を「 変化・進化・改革 」「 時流適応 」させながら、増収増益を追求するわけです。が、多くの場合、失敗します。それが「 定番セミナー廃止 」の理由でもあります。

なぜならば、多くの経営者は「 過去と同じやり方を残しながら、新しいことを足し算しようとする 」方法を採用します。そう、過去の「 成功したモデルを残したまま 」なのです。これが、上手くいかない企業の共通点です。もうすでに、外部環境が変化し、新しい時代に突入していることを「 頭では理解している 」経営者が多いのです。が、実際「 過去の成功モデルを捨てる 」ことに、大いなる躊躇があります。

アミューズメント支援部は、定番セミナーという過去の成功モデルを「 捨て 」ました。そして、新しく「 経営者研究会 」をど真ん中に置きました。これは、過去の成功モデル(セミナーの情報提供で、店舗の業績アップを実現する)が、時代と合わなくなったからです。今の時代は「 経営者が本気で情報を得て、会社に落しこむ(経営ツール) 」じゃないと、増収増益がしない時代に変化したのです。だから「 捨て 」ました。会社・店舗にイノベーションを起こすには、新しいことを取り入れることではありません。その前に、まず「 捨てる 」こと。これが、イノベーションを起こす、最大のポイントです。

 

Q:会社にイノベーションを起こす前に、まず、何を「 捨てる 」決断をしますか?それは、いつですか?

 
 
 
1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

 

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月14日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」③  経営方針発表会

理念・ビジョン, 経営者マインド

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

船井総研では、毎年1月5日・6日の2日間を使った「 経営方針発表会 」があります。これも経営ツールです。2日間、経営者は各事業部からの「 方針発表 」が繰り返されます。

夜は「 社員表彰大会 」と「 懇親会 」があり、グループ会社全員(1,000人)で「 新年度のスイッチをオンにする機会 」となっています。また、4月に入社予定の内定者も、2日間全プログラムに参加します。学生からすると、経営者や各部のビジョンは、ピンとこないものです。が、自分が入社する会社の方針や、表彰されている先輩社員の様子など、会社の勢いや風土を「 感じる場 」になっているのです。

さて、この経営方針発表会も大きく変わり続けて。僕が転職した2005年12月に当時は「 全社員研修 」という呼称でした。外部のゲスト講師を招聘したり、役職ごとや部署ごとに分かれて社内講師による「 研修の場 」という意味合いが強かったのを記憶しています。その後、高嶋体制→中谷体制へとトップが変わるにつれ「 方針発表 」が、プログラムの中心に添えられていきます。また「 運営 」も変化し続けています。このような社内イベントは、基本「 人事部 」が仕切ります。が、現在の経営方針発表会は「 HRD事業部の社員(要は、人事コンサルタント自身) 」が運営をしているのです。

この様に「 目的 」「 呼称 」「 プログラム 」を変化させていくのも「 経営者の意図(経営ツールの正しい使い方) 」です。

 

Q:皆様は、1年に1度、全社員を集めた「 方針発表会 」を開催されていますか?

 
 
1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

 

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月13日 7:00 AM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」②  組織図(3ヶ年ビジョン)

理念・ビジョン, 経営者マインド

「 経営ツール 」とは、造語です。2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。

 

船井総研では、毎年「 部署ごとに 」「 3ヶ年ビジョン 」を発表します。この3ヶ年ビジョンも経営ツールです。船井総研グループのCEOである高嶋は、2010年に船井総研社長に就任したとき「 10ヶ年ビジョン 」を掲げました。「 2020年には、こんな会社にする 」と。「 で、そうするには、こんなステップを踏んでいきますよ 」と。そんなことが、全社員に発表されました。

実際の話・・・

当時、その10ヶ年ビジョンを真剣に聞いている社員はいなかったでしょう(笑。未来の話は、ワクワクする要素があります。が、あまりにも先(10年後)の話をされても、社員は、身近なことに感じず、頭や心に残りづらいという要素もあるんですね。※ビジョンの浸透に関しては、別の記事で書きます

さて、あれから8年も経った船井総研はどうなったか?

船井総研は、ホールディングス会社になり、社員数も当時500人ほどだったのがグループ会社全体で1,000人の会社になりました。売上も約80億が160億を超える規模になりました。毎年100人を超える新入社員が入社してくる会社に成長しました。

今だから言えますが、、、

当時、ほとんどの社員は「 こうなると思っていなかった 」ハズです(あ、個人的には、ほとんど聞いていなかったと思います笑い)。実際には、10ヶ年ビジョンを上回る成果を残してきています。これは、経営者としての高嶋が優秀だ、という側面もあるでしょう。が、ビジョンという経営ツールは、会社を良くする強力な力がある、今は、そう思います(笑。

 

Q:あなたの会社には、ビジョンがありますか?ビジョンは、社員に公開していますか?

 

1.アルバイト不足の解消は「 indeedを活用したwebマーケティング 」
2.新時代経営&組織と人の成長速度3倍化には「 クラウド評価制度 」
3.組織を数値化し経営を見える化する「 組織力診断 」

 

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)

2018年2月9日 2:58 PM

船井総研 REモデル「 経営ツール 」①  経営ツール発想

経営者マインド

「 経営ツール 」とは、造語です。

2017年、会社を良くする色々な取り組みを「 経営ツール 」と名付けました。これは、今、皆さまの会社に存在している、ほぼ全ての「 モノ 」「 コト 」「 仕組み 」を指します。

「 組織図 」も「 会議 」も「 企業理念 」も経営ツールです。羅列すると「 新卒採用 」「 朝礼 」「 誕生日会 」「 経営方針発表会 」「 さん付け 」「 パソコン支給 」「 社内研修 」など、この全てが「 経営ツール 」です。

そ、これらのモノ・コト・仕組みは、全て「 会社を良くするため 」に存在している、という考え方です。この総称を「 経営ツール 」と括ったわけです。

経営ツールは、経営者が目指したい状態を達成するための「 手段 」です。つまり、経営ツールを導入しても「 会社は良くなる保証はないけど 」経営ツールは「 経営者から社員へのメッセージ 」です。

「 経営者からの社員へのメッセージ 」とは、例えば「 組織図が変わったとしたら、その変化した内容も、経営者から社員へのメッセージ 」です。これは、経営者にそこまでの意図がなかったとしても「 社員には、なんとなーく意図が伝わっていく 」のです。それが、経営ツールです。そ、経営者とは、会社を良くするために、色んな経営ツールを取り入れ、改善して、を繰り返すわけですね。ピンと来られた方もおられますが、経営ツールを通じて、社員教育も行えるんですね。

もうひとつお伝えしておかなければならないのは「 全ての企業にとって、良い経営ツールは無い 」「 会社・経営者によって、経営ツールは変わる 」ということです。

この発想を経営者が持つことで「 あの会社がこんなことをしている 」「 こんなことが、今、流行っているらしい 」「 もっと、色んなことを会社に取り入れなければならない 」という「 目的を無視した発想 」がなくなっていきます。

この様に、経営ツールはあくまでも「 手段 」です。つまり、何らかの課題を解決するために採用するわけです。例えば「 誕生日会 」という経営ツールは、やっていることは「 お祝い 」です。が、経営視点でいうと「 定着率向上 」とか「 会社好き社員を増やす 」という目的を解決する一つの経営ツール(手段)、そんなイメージです。

 

Q:あなたの会社には、会社を良くするという目的に応じた経営ツールを採用&改善&撤退できていますか?

 

株式会社 船井総合研究所 
アミューズメント支援部 HRDコンサルティング室
シニア経営コンサルタント
西川 佳孝(本質を分かりやすく伝える専門家)