保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』

船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ

2018年6月14日 8:45 AM

地方裁量型認可化移行施設!?

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。

昨日は信金中金さんとお打ち合わせ。

詳細は省きますが、色々考えられますね。

さて、国家戦略特区で「地方裁量型認可化移行施設」というものが2019年度の概算要求に入りました。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h30/shouchou/20180601_shiryou_s_1_1.pdf

認可外保育施設が保育士6割で認可保育園同等の運営費が入る仕組みで、認可保育園に移行する間の5年間の暫定措置だそうです。

さらに、待機児童の多い地域では認可保育園でもこのシステムに乗れるとのこと。

これが意味するのは、

「認可保育所の無資格者配置実質規制緩和」

です。

昨年度から仕切りにこのブログでも、この認可保育園の無資格者配置が近いうちに始まると伝えてきましたが、国家戦略特区でまずはスタートし、状況次第ではこの2〜3年で全面的にスタートする可能性もあります。

今でも認可外保育施設は1/3保育士、小規模保育と企業主導型保育は1/2以上で運営可能ですから、いよいよ残るは認可保育園だけという状況でしたが、国家戦略特区からスタートしそうです。

取り急ぎ共有させていただきます。

ではまた。

2018年6月12日 8:30 PM

業界トップ企業が何を思うか?

保育園 経営コンサルティング

お申し込み多数いただいてますが、まだお申し込み間に合います!!✨

保育士キャリア採用セミナー↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/030207.html

さて、今日はパットさんのご支援。

23区の保育需要は益々増えているようですね。
問い合わせが昨年の2.5倍に増えてます。

また、益々保活が早期化してます。
一方で保育園が増えて選択肢が増えているためか、温度感の低い保護者が見学に来ているようで、このあた。は差別化が必要ですね。

説明内容も変えていくべきです。

さて、午後は業界で5本の指に入る大手企業の事業開発責任者の方が来社されました。

詳細は書けませんが、ここ数ヶ月業界で規模トップクラスの企業経営者や幹部と話していると、いくつかキーワードが浮き彫りになります。

その一つが、「選ばれる園づくり」です。

やはり中長期をしっかり捉えてますね。

私の見立てではピークアウトは早くて5年、遅くとも8年〜10年。

しかし、あっという間でしょう。

今から準備した組織が強いのは言うまでもありませんね。
近視眼的な経営は危険です。

ではまた。

2018年6月7日 7:40 PM

無償化に向けたコンサルティング

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

さて、今日は以下の通り。

・不動産のパートナー企業とのmtg
・某専門学校理事長とのmtg
・中途面談

専門学校理事長は国の委員も務めるような方で、文科省の考えなども教えていただきました。

さて、改めて内閣府の経済財政諮問会議で骨太の方針が発表。

人づくり革命と生産性革命が柱です。
さらに、人づくり革命では幼児教育無償化が柱。

これになんと、1.2兆円投入します。

加えて高等教育も一部無償化に加え、専門職大学課程を
軸としたリカレント教育の充実を図ります。

しかし、深刻なのは、この無償化によって待機児童が
増えてしまうこと。

いずれにしても少子化が前提なのですが、幼児教育無償化は、
教育投資と保育ニーズを増やし、高等教育一部無償化も
同様に社会人含めた入学ニーズを増やします。

合わせて、その時流に適応する組織とそうでない組織での
勝ち負けは明確になると思います。

これら踏まえて、業界に向け、保育から大学までワンストップでカバーしている船井総研として、どこよりも早く、上質なコンサルティングを提案していきたいと思います。

ではまた。

2018年6月7日 5:33 AM

骨太の方針

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

さて、内閣府の経済諮問会議から「骨太の方針」が発表されました。

これら政策が今後の経済や社会を支えると言っても過言ではありません。

その柱となるのが、

・人づくり革命
・生産性革命

であり、人づくり革命の柱が「幼児教育の無償化」です。

1.2兆円を投じて実施するわけで、本当に国策の根幹になります。

明日が研究会なので、これについて少しだけ触れたいと思います。

無償化したから、安易に教育投資が増えるわけではありません。

無償化したから、安易に出生率が増えるわけではありません。

ではまた。

2018年6月5日 8:51 AM

企業主導型保育の要綱が出ました。

未分類

みなさん、こんにちは。

船井総研の大嶽です。

企業主導型の要綱が発表されましたね。

いよいよ7月末まで慌ただしくなりそうです。

この改定のポイントについては、今週の企業主導型保育研究会でお伝えしたいと思います。

ただ、私は先週内閣府と話をしてた際に予めポイントをお聞きしてましたので、予想通りの結果になりましたね。

大きくは変更ありませんが、一部加算内容や基本分単価の中小企業単価などが採用されてます。

さらに、今回は審査会があるので、ここがポイントになりそうです。

さて、今日は1日合宿でした。

新しいマーケットの検証や若手向けの勉強会など、内容は盛りだくさん。

保育業界やこども園業界、学校業界にイノベーションを起こしたいと思います。

やはりポイントは「ごちゃ混ぜ」です。

ではまた。

2018年5月31日 9:21 PM

認可外保育所の無償化

未分類

みなさん、こんにちは。

いよいよ認可外保育所の無償化が固まりました。

上限や保育認定の有無はありますが、企業主導型はほぼ無償化です。

預かり保育やベビーシッターも対象になったのは少し驚きですね。

これによって、業界全体で何が変わるか?

次回の研究会でお伝えしたいと思います。

ではまた。

2018年5月31日 8:38 PM

贅沢なコンサルティング

未分類

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

さて、今日は終日会議。

船井総研では毎月「ソリューション会議」という会議を行ってます。

目的は各分野のコンサルティングソリューションを部長、執行役員、取締役にプレゼンし、その精度、品質を高めるというもの。

もちろん、それにより、ご支援先の業績向上を図ることが最大の目的です。

今日は私ども教育Gのこども園チームの発表でした。

そもそも部長以上というのは、各分野のトップコンサルタントしかいません。

まさに各分野のスターコンサルタントがアドバイスをくれますので、1時間という時間ですが、おそらくフィーに換算したら、数百万円になります。

正直、各分野の経営者から見れば、●●さんのコンサルティングが受けられるのは、なんて贅沢だと思うことでしょう。

本質をシャワーのようにズバズバ刺されます、、、

お陰様で一気に進みました。

さらに今日は医療介護福祉教育の部隊が150名ほどいるのですが、そこで部長講話という形でお話をさせていただきました。

我々の部隊は社会性の高い業界が故に、その社会性をさらに高めるために収益性を高めることがどれだけ重要かということをお話ししました。

人的投資や環境投資によって、より良いサービスを提供するためにも、正しい形で収益性を上げることが求められます。

若手も多い中、是非理解してほしいと思います。

ではまた。

2018年5月30日 11:43 PM

企業主導型保育セミナーのゲスト講師

未分類

みなさん、こんにちは。

船井総研の大嶽です。

今日は東京しごと財団さん主催の企業主導型保育セミナーで講演させていただきました。

300名程度のご参加。

休憩、終了後に50名ほどの方が名刺交換に来てくださいました。
(名刺が途中で無くなる始末、、、)

また、嬉しいことにご支援先、会員様が数社応援に来てくれました。

大嶽さんに会いたかった、大嶽さんの講座を久しぶりに1時間聞けるから来たという声をいただきました。

嬉しいですね。

今年度は間違いなく応募として2万人を超えます。

今年度から中小企業の単価アップ、安全対策の加算アップ、共同利用に対する加算アップが加わります。

基本的には基本分単価は変わらないようです。

今週中には要綱が出るようなので、一斉に慌ただしくなるでしょう。

いよいよ30年度の企業主導型保育が動き出しますね。

ではまた。

2018年5月28日 8:39 PM

テストバッテリー

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

さて、今日は2件のコンサルティング。

・教材会社さまの営業支援
・アゼリーさんの定例会

アゼリーさんでは、自主事業でもあるアゼリーサッカーアカデミーがさらにグレードアップしました。

理学療法士の永井先生がテストバッテリーというカウンセリングや療育の検査ノウハウを盛り込んだ階級別のプログラムを開発。

9級から1級までのカテゴリーを作ってくれました。

これによって、サッカープログラムはさらにエビデンスによるプログラムへの参加すると思います。

今年度はいよいよグループ内を超えて、外販企画をスタートさせる予定です。

今から楽しみですね。

ではまた。

2018年5月24日 8:05 PM

地方創生と教育のコラボ

保育園 経営コンサルティング

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

今日は、

・M&Aコンサルティングのミーティング
・地方創生部隊と教育部隊のコラボミーティング
・19新卒の選考面接官

という1日でした。

保育のM&Aのご相談が増えてます。
それにあたり、船井総研のM&A事業部との連携を図り、新たな展開を進めてます。

さらに今日は私たちも一部MAで関わりましたご支援先とのミーティング。

今後事業承継問題は業界の大きな課題になりますので、しっかり支える準備をしてます。

その後船井総研の地方創生Gとのミーティング。
教育と地方創生は切っても切れない関係のため、社内てのコラボレーションを検討してます。

大学のCOCなどが分かりやすいのですが、公立小中学校の廃校利活用、キャリア教育推進、離島の学部、学科設立などテーマはあるものの、まだまだこれからといったところ。

地方の教育を守り、伸ばし、広げるために、こちらも船井総研でできることを検討中です。

最後は船井総研の4次面接の面接官。

今回の部長面接からの最終面接誘導率は前回から大幅に下がり、約60%へ。

今月頭から1ヶ月足らずで層が変わった印象です。
選考が進まずかなり焦っている学生と、何とも危機感のないゆったり学生が混在している印象。

それにしてもそつない学生が多いものです笑
時々出てくるピカイチ学生を見るとホッとします。

ではまた。

1 / 15112345...102030...最後 »