学習塾経営・集客コンサルタントブログ

学習塾専門の経営・集客コンサルタントが学習塾経営、集客の情報ほ日々お届けするブログ。学習塾経営にお困りの方は一度ご覧ください!

▼英語教育改革対応法セミナー2017

2017年3月7日 3:09 PM

自立指導塾成功事例レポート

自立指導塾成功事例レポートを大公開!

下記URLにアクセスいただければご覧いただけます!

http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_017778_01.pdf

 

下記が文章の内容です。

************

平均生徒数80名、売上5560万、営業利益率40%超

自立指導塾で利益を上げ、成績アップ率90%超を実現する運営ノウハウを大公開!

 

アルバイト講師が集まらない中、教室長1人とアルバイト2〜3名で生徒数80名以上集め、

生徒の成績アップ率90%超を実現する自立指導塾モデル運営の秘訣

 

拠点展開を実現するためには自立指導塾しかなかった。

自塾は集団指導塾を運営していましたが、拠点展開を実現したいという思いの中で、

自塾のエリアでは学歴の高い優秀な講師は集まらず、展開できずにいました。

そこで、たくさんの塾の見学をさせていただき、多くの方の意見の良いところを取り入れ、

自塾オリジナルの自立指導を確立してきました。

自立指導は教室長1人アルバイト数名で生徒数80名を集めることができるため、

展開モデルとしては適していますし、学歴の高い正社員を必要としません。

 

塾講師経験が全くない方でも問題なく成績アップを実現できます。

また、アルバイト講師が集まらないエリアにも出店できることで、

個別指導塾が出店できない競合が少ないエリアにも積極的に出店できます。

自塾が拠点展開を実現するにはこの指導形態しかないと感じ、

今まで様々な取り組みをしてきました。このレポートでは

皆様が自立指導という新しい形の指導形態のことを少しでも知っていただき、

業績アップはもちろんですが、生徒の成績アップを実現していただきたいと思っています。

 

自立指導塾の運営方法には秘訣が存在します!

自塾は複数拠点展開を目指しているため、

誰が運営しても成績アップを実現できる自立指導を作ることを当初から考えていました。

自立指導というと「教えない」ということが一人歩きし、

ただ映像を見せているだけと思われがちですが、全くそんなことはありません。

通常授業は映像で行いますので、科目の指導はしません。

「勉強を教え込む」のではなく、「勉強のやり方を教える」というところに特化して生徒の成績を上げる指導方法です。

 

自塾は自立指導を始めた時から「Teach=教え込む」から「Coach=学びを導く」を指導方針にしており、

科目の指導は定期テスト対策程度しかしません。

しかし、生徒が塾を活用してどのように勉強するのか、

成績アップのためには何をしなければいけないのかなどは徹底的に教え込みます。

ですので、生徒の入塾1ヶ月は個別対応で手取り足取りどのように勉強すればよいかを教えています。

そうすることで、2週間〜1ヶ月もすると生徒自身が自分で勉強できるようになり、

自然と成績が上がるようになります。

入塾最初の段階でこのようになるように指導するのことが自立指導の一番の秘訣です。

 

自立指導で成績を上げるためにもっとも大切なこと

自立指導はその名の通り自立で勉強できるようにすることです。

ですので、塾の役割は授業をすることではありません。

当塾が意識しているのは下記のようなことです。

 

1.勉強時間を確保させる

2.徹底的な反復練習

3.徹底的な進捗管理

4.生徒のモチベーション管理

5.生徒同士の競争心をくすぐる

 

上記を一つ一つ解説していきたいと思います。

 

勉強時間を確保させる仕組みとコース・価格設計

成績は基本的にはたくさんの時間勉強しなければ成果はでません。

ですので、自塾では毎日通塾させることを意識しています。

そのため、学習塾業界では常識である1コマいくらのような料金設定はしておらず、

教科数により料金を変えています。1コマいくらという設定をしてしまうと、

毎日来る生徒にはたくさんの費用をいただかなければなりませんし、

週1回しか来ないで成績が上がらない生徒も対応しなければなりません。

それでは自塾の想いに反するので、勉強すればするほどお得な塾にしています。

これを実現させるためには保護者様の協力も必要ですので、

送り迎えをしていただくことは入塾段階でお願いしています。

 

徹底的な反復練習と進捗管理が成績を上げる!

自塾は反復練習を特に重要視しています。

良問を反復練習することが学力の定着にもっとも効果的で、

確実に成績を向上させます。そのため、自塾ではたくさんのテキストや問題集は使用せず、

基本的には1つのテキストを徹底的に反復させます。

 

5回以上反復できる生徒は偏差値が60以上、

3回以上反復できる生徒は偏差値50以上を獲得するなどある一定の基準がありますので、

それをしっかり守りながら実施しています。

類題をたくさんやることが良しとされるケースもあり、

たくさんの類題が収録されているプリント教材システムなどがありますが自塾では使用せずに、

徹底的に1つのテキストをやり込みます。

 

また、定期テストまで何度もテキストを反復させるにはきちんとした進捗管理と宿題管理が必要になってきます。

そのため、単元が終了した時などは毎回講師がチェックさせる仕組みにしていますので、

理解していないと進めないですし、

進捗が遅い生徒には勉強時間を増やすように指導をしています。

徹底的に行うことが自立指導の成功の秘訣ですので、そこを最大限に意識しています。

 

生徒のモチベーション管理と競争心をくすぐる

自立指導は自分で勉強するやり方を教えて学びを導くという指導形態であるため、

生徒のモチベーションが成績アップに重要になります。

そのため、当塾では毎回の授業中に生徒と個別や小集団で面談を行っています。

2ヶ月に1回程度は生徒と個別で話すようにし、

モチベーションが低いと感じた生徒は気づいたその日に面談をするようにしています。

中学生の悩みは様々ですが、そこのフォローをすることが重要だと考えています。

科目指導を映像に任せていますので、講師しかできない面談などで生徒のフォローを行っています。

当塾の講師の時間配分は科目指導2割、生徒の進捗管理・モチベーション管理が8割と考えています。

 

また、1人で黙々と勉強できるタイプは少ないため、

競争心をくすぐりながら塾生全員のモチベーションアップをする仕組みを導入しています。

もっとも効果のある施策は勉強時間ランキングです。

自塾での勉強時間を毎日通塾の際に記載させて、

1ヶ月の集計をランキングで発表しています。

多い時には100時間以上勉強する生徒もおり、

自塾の生徒のモチベーションアップに効果が出ています。

 

前述したことを教室長とアルバイトに徹底させる

前述したことを教室長とアルバイト講師に徹底すればどんな人材でもある程度成績アップを実現できるようになります。

自塾の教室長や講師はそれらが常に頭にあるので、

科目指導を一生懸命しようということは考えていません。

どうやれば生徒が自塾のやり方に沿った勉強を行えるのか、

勉強にたくさんの時間を割いてくれるのかを常に考えています。

 

成績を上げるということは講師が一生懸命に科目指導をすることではないと我々は考えています。

もし、自立指導をこれから行う企業様や今実施していてうまく行かないと感じている企業様に少しでもヒントになればと思います。

 

確実に成績を上げるから口コミ・紹介で集客できる

学習塾の価値は成績を上げることだと常に考えております。

当塾は全教室成績アップ率90%以上を最低限の目標にして運営しています。

ですので、新聞折込チラシなどは常にそれを全面に打ち出しています。

 

ただ、新聞折込チラシだけでたくさんの生徒が来るとは思っていません。

やはり多くの生徒は口コミ・紹介によって自塾に問い合わせ・入塾していただけます

確実に生徒の成績を上げる仕組みを構築し、結果も出ているからこそ生徒も集められていると考えています。

これからもこの方向は変えずに、常に生徒の成績アップを意識していきたいと思っています。

 

教育ICTを活用することで人件費31%を実現

自塾では映像授業を活用していますが、そうすることで成績アップはもちろんですが、

人件費の削減ができます。当塾の人件費率はもっとも少ない校舎では31%となっており、

一般の学習塾さんよりは低くなっていると思います。

教育ICTはこれからもどんどん活用していき、教室長の負担を減らし、

生徒・保護者の満足度を下げない運営を実現していきたいと思っています。

 

営業利益率が最大の校舎は54%と高水準!

人件費の削減と口コミ・紹介による集客が多いこともあり広告費も少なめで運営できています。

もっとも営業利益率の高い校舎では54%と非常に高水準となっています。

塾として当たり前のことをやりきることシンプルな仕組みにして、

誰でも運営できるようにすることで高い営業利益率を維持した校舎をこれからもたくさん増やしていきたいと思っています。

最後に、自立指導はこれから確実に増えていく指導形態だと考えています。

今入会している船井総研の研究会の会員企業様でも続々と新規出店やリニューアルを行っています。

私は自立指導こそ最高の塾の形だと信じておりますので、

たくさんの方が自立指導を取り入れていただければと考えています。

 

このレポートの続きはこちら

http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_017778_01.pdf