学習塾経営・集客コンサルタントブログ

学習塾専門の経営・集客コンサルタントが学習塾経営、集客の情報ほ日々お届けするブログ。学習塾経営にお困りの方は一度ご覧ください!

2009年12月15日 10:35 PM

「高学歴=優秀講師」とは限らない

学習塾 人材

こんにちは!

学習塾経営コンサルタント朝倉です。

多くの学習塾ではアルバイト講師の採用をする際に、高学歴の大学生を獲得しようとされています。

高学歴の大学生は優秀である可能性が高いのですが、

優秀であるからこそ復習を主とする個別学習塾などに合わないということもあります。

名の知れた国立大学(旧帝大など)に通う大学生は小学生から勉強を毎日し、

大学合格まで必死に努力された方が多いと思います。

そのような大学生を講師として採用し、実際に授業をさせてみると自社の学習塾の生徒と全く合わず、

生徒からちょっとしたクレームがおきることがあります。

この原因は

・高学歴で優秀な大学生は基礎がわかっていない生徒の気持ちがわからず、問題がわからない理由がわからなく教えられない

・講師の学力レベルに合わせた指導方法をしてしまうため、生徒がついていけない

・大学に入るまで勉強ばかりしており、コミュニケーション能力が低く、生徒との会話がうまくいかない

このような原因で「高学歴の大学生=優秀講師」とは限らないということになります。

このような問題を起こさないためにいくつかの方法があります。

それは

1.採用の段階でコミュニケーション能力を一番の重要項目にする。

2.自社の学習塾の生徒の学力、性格を考え、採用活動を行う。

3.今一番人気のアルバイト講師の友人を採用する。

4. 人気のないアルバイト講師の大学はあまり採用しないようにする。

5.生徒の学習状況を塾側(塾長と社員)が把握しそれをアルバイト講師にしっかりと伝える。

6.生徒にアルバイト講師の評価を聞き、その内容をしっかり伝える。

基本的に採用活動を変更することがまず重要になります。塾長自信が生徒の学力、性格をしっかり把握し採用活動を行うことが大切です。さらに、生徒の学力、性格を今のアルバイト講師に伝え、教え方を示してあげることが重要です。

ぜひ、学歴だけで講師の質を判断せず、自社の学習塾に合った生徒を獲得、育成をすることを心がけて下さい。

ランキングにご協力お願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

2009年12月14日 9:39 PM

エコノミーバッド、マーケットオールド!!

スクール

こんばんは!

子供英会話スクールのネイティブ講師の言葉をタイトルにしてみました。

「エコノミーバッド」


「マーケットオールド」

英語が苦手な私には一瞬わからなかったのですが、

正社員の子供向け英会話スクールのネイティブ講師が生徒が集まらない理由を

表した言葉だそうです。

日本語に訳すと

「不況」

「マーケットが成熟している」

そんなのわかりきっているよ!!

だからどうするかを考えなければならないんですよ!!

と叫びたくなりますよね。

どの業界も不況ですし、マーケットは成熟しています。

学習塾でも、スクールでも

だからこうしましょうと言える社員やスタッフがいないとその学習塾、スクールは

絶対に以前の繁盛を取り戻せません。

全国の繁盛学習塾や繁盛スクールはこのように現場社員やスタッフが

どうすればよいかを日々考えているから繁盛しているのです。

学習塾やスクールは人材が本当に重要です。

このように考えられる人材を育てることが永続的に繁盛し続けるには必要です。

ぜひ、皆様の学習塾やスクールでも今の不況やマーケットをいいわけするのではなく、

皆様で改善のための案をお考えください。

絶対に

「エコノミーバッド」


「マーケットオールド」

などは言ってはいけません。

2009年12月13日 7:07 PM

年末は仕事がたまります。。。

ブログ

こんばんは。

本日は会社に来て、いろいろな作業をしております。

昔から家では勉強や仕事ができない性格だったもので、

休日に会社に来てたまった仕事を片付けています。

うちの会社は12月がもっとも追い込み時期で、毎年忙しくさせてもらってます。

今年も例外になく忙しいです。。。

がんばらなければ。

本日は主に子供英会話スクールや複合型子供スクールの仕事をしています。

この2つの業態は来年の学習塾業界の方が参入したい業態でもあると思いますし

参入される方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆様をお手伝いできるように今年中にいろいろと知識を詰め込んでいます。

この2つは来年成功させて、

全国の学習塾の皆様にご紹介できればと思っております。

2009年12月11日 7:37 PM

来年の学習塾業界

学習塾業界

こんにちは!

学習塾経営コンサルタントの朝倉です。

本日は学習塾業界について書きたいと思います。

2009年の学習塾業界はダブル不況と言われるように、


学力中間層の塾離れ


リーマンショック

などの影響で苦戦されている学習塾様が多くいらっしゃいます。

「この不況期を乗り切るために何をするればいいの?」

と考えている学習塾様も多いのではないでしょうか?

学習塾業界は以前にも不況期がございましたが、

その際に学習塾業界が好景気になった理由は

やはり新業態開発だと言われております。

直近の不況では個別指導塾が新業態として開発され

業界の景気を回復しました。

過去の例から考えましても、

この不況期は新業態開発が必要だと私も思っております。

そこで、来年私が考えている新業態開発は


個別指導塾進化形態の開発


幼児教室の複合業態の開発


この2つの業態をオススメできればと思っております。

できる限り、早い段階で形にできるように努力をしていきたいと思います。

このような新業態を開発し、

少しでも学習塾業界に貢献できたらと思った一日でした。