最新動画

■ 葬祭業全国経営者
フォーラム2015

『3回安定、10回固定 知的欲求を満たして固定客化!』

■ 事前相談強化セミナー

葬祭業向け定期勉強会
葬祭業向け経営塾「2世会」
外部リンク
過去の記事一覧
読んだ本を一部ご紹介
セミナーCD/DVD販売

■ 葬儀業界向け

定期購読・ブログ
葬祭業向けFAX新聞
船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ
船井総合研究所 仏壇・墓石店専門コンサルタント売上アップ応援ブログ

ご登録いただいたメールアドレスに、新着記事をお届けします。ご登録は無料です。

プロフィール
カレンダー
2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
今月のイチオシ

[前日の記事] «
[翌日の記事]  »
2013年12月3日11:28 PM
商品力を磨きこもう

皆様

こんばんは
大道でございます。

いつもブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

本日は岐阜県のとある会社に訪問してきました。

久しぶりに社長とゆっくりとお話する中で色々と社長の将来の構想やそれを実現するためのアイデアを聞かせていただきました。

沢山面白い話を聞かせていただきましたが、どれも成功しそうなイメージでした。

それはなぜか?

突飛なアイデアだけではなく、その事業の本質的価値は何か?
その付加価値を高めるためにはどんな商品にしていかないといけないのかを考えておられるからです。

先日、この社長は起業を志す若手の前で、本業についてお話をしたそうですが、
その中でもやはり「商品力が非常に重要」「手法だけで成功するベンチャーはない」というお話をされたそうです。

まさにおっしゃる通りですね。

商品力はマーケティングにおいて非常に重要な要素です。
それをどれだけ付加価値のあるものに磨きこんでいくかが成功への近道といえるでしょう。

「うちの商圏は特殊だから・・・・。色々と販促をしてみたけど、お客様がつかない!」
という台詞をよく聞きますが、こういう場合、実は商品力自体が低すぎてお客様に支持されていないというケースが往々にしてあります。

皆様も自社のメイン商材やサービスの「商品力」を今一度見直してみてください。
その際のポイントは
1)「自分がいいと思った」と「商品力が高い」というのはイコールではないことを意識する。
2)その商品がただいいというだけでなく「いくら」の価値があるかで判断する。
3) 自分たちの「出来る」範囲で考えていないかに注意する。

といったところでしょうか。

是非、商品力の見直しをしてみてください。

ではでは

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー おすすめコンテンツ