最新動画

■ 葬祭業全国経営者
フォーラム2015

『3回安定、10回固定 知的欲求を満たして固定客化!』

■ 事前相談強化セミナー

葬祭業向け定期勉強会
葬祭業向け経営塾「2世会」
外部リンク
過去の記事一覧
読んだ本を一部ご紹介
セミナーCD/DVD販売

■ 葬儀業界向け

定期購読・ブログ
葬祭業向けFAX新聞
船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ
船井総合研究所 仏壇・墓石店専門コンサルタント売上アップ応援ブログ

ご登録いただいたメールアドレスに、新着記事をお届けします。ご登録は無料です。

プロフィール
カレンダー
2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
今月のイチオシ

[前日の記事] «
[翌日の記事]  »
2014年10月19日10:50 PM
大感謝祭

皆様

こんばんは

大道でございます。

いつもブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

本日は複数のお客様のところで秋の大感謝祭がありました。

複数あったため、全部は回れないので先約優先で一番早く日程が決まった会社にうかがってきました。

今日、報告を受けた会社と実際にうかがった会社ではともに300名を越える集客を記録。

私はクライアント様の90%以上にこのような提案をします。(主にB2Cであり、B2Bの会社は除く)

私がメイン領域としてきた(している)葬儀、介護など購買頻度が低く、
商品の本質的価値が競合と差別化しにくく、かつ消費者が好んで店舗や施設に足を運ばない。
そんな業種ではきっとマストな行事だと思います。

上記のような業種では、
①購買頻度が低い=消費者サイドの商品に関する知識が薄い
②商品の本質的価値が競合と差別化しにくい=購買の意思決定をする際にお客様が選ぶ基準が価格になりやすい
③消費者が好んで店舗に足を運ばない=①②を解決する情報を得る機会が少ない

というような特徴があります。

そのため、日ごろの地域の皆様への感謝の気持ちも込めつつ、実際の仕事とは関係性の低い
ステージや抽選会、屋台など楽しいコンテンツ盛りだくさんでイベントを行い沢山の人を自社の施設に集める必要があるのです。

そうすることで、実際に施設の雰囲気を見てもらえたり、社員と話をしてもらったり、せっかく足を運んだからと商品を説明する機会をいただけたり、
商品の購買につながることが沢山あります。

介護や葬儀はこれから最も大変な冬をむかえます。
その前にこういったイベントで勢いをつけておくとその年の業績にも直結しますよ!

おしまい

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー おすすめコンテンツ