最新動画

■ 葬祭業全国経営者
フォーラム2015

『3回安定、10回固定 知的欲求を満たして固定客化!』

■ 事前相談強化セミナー

葬祭業向け定期勉強会
葬祭業向け経営塾「2世会」
外部リンク
過去の記事一覧
読んだ本を一部ご紹介
セミナーCD/DVD販売

■ 葬儀業界向け

定期購読・ブログ
葬祭業向けFAX新聞
船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ
船井総合研究所 仏壇・墓石店専門コンサルタント売上アップ応援ブログ

ご登録いただいたメールアドレスに、新着記事をお届けします。ご登録は無料です。

プロフィール
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー
今月のイチオシ

[前日の記事] «
[翌日の記事]  »
2017年8月6日10:24 AM
人財開発に投資しなさい!

皆様

こんばんは!

大道でございます。

いつもブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます!

本日は【人財開発に投資しなさい!】というタイトルでお話ししたいと思います。

最近、クライアント様のところに訪問しても、初めて会うようなお客様のところに訪問しても、
採用、定着、評価制度、教育、労務などのご相談を受けることが増えてきました。

特に採用、評価、教育というところは毎回のように話になります。

まず、背景として各地で有効求人倍率が上がっており採用が難しくなっているということがあります。
誰もが羨むような人気企業ならまだしも日本にある会社の大半はそうではありません。
つまり今まで以上に人が採用できなくなっている現在は今まで以上に既存社員への投資をしないといけない時代だと
いうことが顕著になってきました。

それに伴って経営者様の思考も今まで以上に今働いてくれている社員さんへのウエイトが大きくなっているからです。

もちろん、採用はしないといけませんが今日はそれ以外の部分について少し触れたいと思います。

今後生き残っていく会社に必要な投資は
①キャリアアップできる環境づくり
既存社員に対して、自社に今後10年いる価値があると思ってもらえるように、
未来組織図の設計、その人のキャリアプランニングのサポート、キャリアアップの道のりがわかりやすいように
評価を明確にする。といったことをする必要があります。

②教育環境の充実
スキルアップ研修、自己啓発、社内外でのセミナー受講、e-ラーニングなどの研修関係
教育カリキュラムの整備、社内書庫の設置など
①のキャリアプランをより達成しやすいようなサポート昨日ですね。

③キャリアに見合った評価賃金制度
①②はもちろんのことそれに対する正当な評価、給与、賞与などが求められます。
最終的には俗人的になりがちですが、ベースとなる仕組みが必要です。

これらは既存社員への投資というだけでなく、
当たり前のように他社と比較検討される採用売り手市場でも
自社が選ばれるための必要条件でもあります。

いずれも、
時間もお金も手間もかかりますが、ここをしっかり整備できないと今後一層厳しくなるでしょう。

皆様の会社でもしっかり、
人財開発にしっかり投資してくださいね。

おしまい

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー おすすめコンテンツ