最新動画

■ 葬祭業全国経営者
フォーラム2015

『3回安定、10回固定 知的欲求を満たして固定客化!』

■ 事前相談強化セミナー

葬祭業向け定期勉強会
葬祭業向け経営塾「2世会」
外部リンク
過去の記事一覧
読んだ本を一部ご紹介
セミナーCD/DVD販売

■ 葬儀業界向け

定期購読・ブログ
葬祭業向けFAX新聞
船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ
船井総合研究所 仏壇・墓石店専門コンサルタント売上アップ応援ブログ

ご登録いただいたメールアドレスに、新着記事をお届けします。ご登録は無料です。

プロフィール
カレンダー
2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
今月のイチオシ

[前日の記事] «
[翌日の記事]  »
2018年2月3日8:02 PM
来期の事は今期のうちに準備せよ
CATEGORY: 未分類

皆様

こんばんは!

いつもブログをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。

本日は【来期投資をしっかりしよう】というテーマでお話させていただきます。

年が明け、3月の決算をむかえられる会社さんも多いでしょう。

いつも、第三四半期決算前後になるといつもお客様と打ち合わせの中で
来期の重点テーマとそれに伴う投資に関しての話をすることが多くなります。

この時期にしっかりこのテーマの話をできているか否かで来期の業績や会社の成長にかなり差が出ます。

特に葬儀社においては、3月決算の会社は第三四半期決算時期は繁忙期まっただ中であることが多く
放置されてしまいがちなテーマです。

しっかりと来期目標とテーマから逆算し、
どういった投資をするのかという話はできていますでしょうか?

また、それにどれくらいの工数がかかるかイメージできていますでしょうか?

実際、来期の重点テーマがかなり工数のかかるものであればこの時期に話しているだけでも遅いくらいです。
工数の多いものはこの時期から強化を初めても来期にまたがって、実質施策がスタートできるのが
第一四半期終了後もしくは半期終了後となります。

そうなってしまうと、せっかくのいい重点施策の効果も来期の業績の半分にしか影響を及ぼせません。

そうならないように来期の重点テーマを来期の頭からしっかり始められる準備が必要です。

皆様の会社ではいかがでしょうか?

来期の施策がしっかり今期末までに完成し、期首からスタートダッシュをとれる体制は整っていますか?

工数の少ないものであれば3月決算でもまだ間に合います!

しっかりと来期の準備をしていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー おすすめコンテンツ