最新動画

■ 葬祭業全国経営者
フォーラム2015

『3回安定、10回固定 知的欲求を満たして固定客化!』

■ 事前相談強化セミナー

葬祭業向け定期勉強会
葬祭業向け経営塾「2世会」
外部リンク
過去の記事一覧
読んだ本を一部ご紹介
セミナーCD/DVD販売

■ 葬儀業界向け

定期購読・ブログ
葬祭業向けFAX新聞
船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ
船井総合研究所 仏壇・墓石店専門コンサルタント売上アップ応援ブログ

ご登録いただいたメールアドレスに、新着記事をお届けします。ご登録は無料です。

プロフィール
カレンダー
2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
今月のイチオシ

[前日の記事] «
[翌日の記事]  »
2011年1月14日11:58 PM
入学したくなる学校の条件

皆様
こんばんは
大道です。
本日は【入学したくなる学校の条件】というテーマでお話させていただきます。
さて、皆様は高校、大学、専門学校(私立小学校、私立中学なども含む)を選ぶとときにどんなところに
魅力を感じて選びましたか。
入試難度の高い学校だから、校舎がきれいだからなどあるかもしれませんが、比較的なんとなく選んだ人って多いのではないでしょうか?
ここで比較してください。
以下の二校はどちらも同じ分野の専門学校です。
A校はこの専門分野を扱っている専門学校で、こんなコースがある。人気美容室Cサロンへの就職実績はこのくらいです。なんていう打ち出し。
B校はこの専門分野をこんな「思い」を持って扱っている。そのためこの専門分野の中ではこんな位置づけの学校です。こんな思いを持った学校だから、こんな授業カリキュラムで、こんな人材を育成したいと思っています。ですので
人気美容室Cサロンのへの就職実績はこのくらいです。という打ち出し。
皆様ならどちらの学校に入りますか?
当然この打ち出し方だけで決める訳ではないですが、単純に考えるとB校を選びますよね?
私はB校を選びます。
何がいいたいのかといえば、学校にも受験生が入学したくなる理由を与えてあげる(受験生がもとめているものを考えどんな風にアプローチするかを考えて伝えてあげる)ことが必要なんですね。
要は学校にもマーケティングが必要だということです。
同じ性能のものなら、それ以外の部分の付加価値で選びますよね。
それと同じように、同じタイプの中でも、自校にしかない付加価値を消費者にあたえた学校が入学したくなる学校になれるのです。
ではでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー おすすめコンテンツ