2017年5月2日

美容室経営-生産性が高い美容室がやっているたった4つのこと

未分類

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「生産性が高い美容室がやっているたった4つのこと」についてです。

 

美容室の経営コンサルタントとして活動してから

最も多く発している言葉は「生産性」ではないかというぐらい

美容室経営をする上で「生産性」は欠かすことのできないキーワードとなっています。

 

そんな中、生産性が70万円を超える美容室を見ていると

以下の4つがキーワードとして出てきています。

①ストック型のビジネスモデル

②客数の最大化戦略

③アシスタントでもできるメニューが主力

④VIP顧客像が明確

 

①ストック型のビジネスモデル

ビジネスでは、大きくフロー型・ストック型に分かれます。

フロー型というのは、一度しか儲からない労働

ストック型というのは、継続的に儲かる労働 という風にいわれています。

現在伸びている会社の大半はストック型のビジネスモデルの考えを取り入れているケースが多いです。

分かりやすい例でいうと、定額制、保険制、レンタル制、メンテナンス制などがあります。

美容室のこの発想は非常に重要であり、

一つの基準としては、「毎月来て頂けるのお客様をどれだけ増やせるか?」という視点が重要です。

多いサロンでは、月間客数1500人に対し200人超が月2回以上来店されているケースがあります。

人口減少が進む以上、ストック型の戦略は必須と思って頂いて良いでしょう。

 

②客数の最大化戦力

何を今更客数を・・・という方も多いかと思いますが、意外と追求できているサロンはほぼありません。

どちらかというと、お待たせしないことに比重をおいており、

お客様を断ってでもお待たせしないことが優先されるサロンもあります。

ただ、本当の人気店というのはどれだけ待つとしてもあの店に行きたい!というのが真理なのです。

客数最大化戦略の重要なことは、「1日の最大可能客数を設定する」ということです。

※私の知っているところでは1日スタッフ1名あたりお客様6名を超えるサロンもあります。

戦術論の話になると、

・新規集客の強化(目安は新規客比率12~15%)

・既存顧客の来店回数増

・予約の入れ方の最適化・ルール化

・施術時間の適正化

・キャンセル、日程変更率の低下

などが重要な評価指標になってきます。

 

③アシスタントでもできるメニューが主力

船井総研では100を超える業種別のコンサルタントがいますので

よく情報交換を行うのですが、決まって出るお話が「修行期間が長すぎる」ということ。

最近ではスタイリストデビュー2年というサロンも増えてきましたし、

メニューを絞った低価格サロンなどでは、半年デビューというのも増えてきました。

しかし、修行期間が半年でも長いというのが他業界の常識です。

ここはカットデビュー=一人前という価値観を変えるしかないと思います。

そうなると、利用者が多いカラーやケアメニューで以下に生産性を上げるか?という視点がとても重要になってきます。

よくマーケティングと教育は切り離されて考えられるケースがありますが、必ずセットで考えなければいけません。

 

 

④VIP顧客像が明確

どこの美容室でもVIP顧客という考え方はあると思います。

それが、年間来店回数なのか?年間購買金額なのか?それとも累計の金額なのか?

基準はそれぞれのサロンで違うと思いますが、

重要なことはVIP顧客を作ることを目指せるかどうかです。

例えば、年間購買金額をVIPの基準とするのであれば

カットは何回、カラーは何回、トリートメントは何回で年間はいくら!

というような自店なりのVIP顧客像の設定と明確な育成戦略が必要になります。

 

いかがだったでしょうか?

今まで以上に経営の難易度は高度化していきます。

伸びる美容室は必ず変化していっています。

この記事を参考にして頂き、業績が伸びるサロンが増えることを祈っています!

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

 

2017年3月3日

美容室業界の2017年1,2月を振り返って

美容室 マーケティング全般

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「美容室業界の2017年1,2月を振り返って」です。

 

皆様のサロンの1,2月はいかがでしたでしょうか?

年明けから60社以上の美容室経営者様とお話しておりますが、

・半数以上が昨対比100%割れ

・約30%が昨対比100~110%

・残り10%が昨対比110%以上

という印象です。(※すいません。。正確なデータではなく、私の肌感覚です。)

 

2016年12月が非常に好調なサロンが多かった反面、

2017年1,2月は苦しいサロンが続出した印象です。

 

一般的に「景況感が落ち込むと消費は需要月に集まる傾向」があります。

理由としては、お金にゆとりがある時や必要な時期のみ消費して、

特に買う必要がない時には”消費を我慢しよう”という傾向が強くなるからです。

美容室の需要月は、一般的に3,7,12月です。

美容業界全体の市場規模が減少傾向であるため、

これからは需要月にますます消費が偏る可能性があります。

 

そんな中で閑散月も安定的に売上を上げている美容室の特徴としては

①VIP顧客(年間購買金額7~12万以上※エリアによる)が全体カルテの10%以上を占めている。

②再来メニューが顧客に定着している(カラーチケットや来店頻度促進メニューなど)

③次回予約率が高い(60%以上)

が挙げられます。

 

前々から言われておりますが、

季節需要にびくともしない経営戦略が必要だと改めて痛感した1,2月でした。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2017年1月2日

美容室業界を予測する10のキーワード【2017年】

美容室 マーケティング全般

皆様、あけましておめでとうございます!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日は「美容室業界を予測する10のキーワード【2017年】」です。

 

 

1.”集客”と”採用”を制するサロンが生き残る

現在の美容室経営における成長の鍵は”集客”と”採用”と断言しても良いでしょう。

2016年成長しているサロンの目安は下記の通り、

集客は売上に対する広告宣伝費3~5%に保ち、新規客比率12~15%を達成できるか?

採用は毎年選んで目標人数を採用できるか?また取るための仕組みが明確であるということです。

 

2.WEB戦略が標準装備になる

WEB予約、ブログ更新、SNSは美容業界で当たり前になりました。

しかし、ポータルサイトやホームページはどのサロンも同じような内容になり、

サロンの違いが見えにくくなってきています。

大事なことは、ただWEBを活用するだけでなく、

①WEB戦略を事業戦略の要素として入れること

②各WEB媒体の特徴に合わせた更新ルール・内容・体制を決めること

です。

 

3.求人も本物が選ばれる時代に

・初任給18万円以上

・寮完備

・完全週休2日制

・スタイリストデビュー2年以内

・社会保険完備

こんなワードが美容業界でも増えてきましたが

2017年は「手法」ではなく「実績」が見られるようになるでしょう。

「デビューは2年でできるカリキュラムです」だけではなく、「実際に2年で終わるカリキュラムと日々の日常生活を教えてください」

というような実績・実態を見る学生さんが一層増えてきそうです。

 

4.サロンのM&Aが加速

2016年、「会社を売りに出そうと思うんだけど・・・」という相談が増えました。

主な理由は、「後継者不足」。

現状、美容室を経営している会社の7割以上は後継者がいません。

10年前と比べ、売上が上がりにくい、人も採りにくい現状なので

大手や面貸によるM&Aは増えていきそうです。

 

5.ブランドサロンとメンテナンス型サロンの使い分け

先日行った某1000円カットでのお話。

私「どんなお客様が多いのですか?」

スタッフ「普通の美容室に通っているけど、1000円カットに整えに来る人が増えています」とのこと。

最近では、低価格でもおしゃれなサロンが激増しています。

消費者のレベルが上がり、お客様がサロンを選ぶ時代に突入してきました。

 

6.商圏に合った店舗展開が鍵

美容室の売上アップに出店は欠かせません。

一般の美容室であれば、

商圏人口7万人以上で経営が成り立つという考えですが、

メンズサロンやカラー専門店などはさらに多い人口がいる立地でないと成り立ちません。

分かりやすくいうと、東京では成り立つけど、岐阜県(私の出身地)では対象人口が少ないので成り立たないいう意味です。

今後コンセプトの明確化は必須ですが、エリアに応じた戦略はもっと大事です。

 

7.付加価値のテーマは「One to One」

ブランドサロンが成長するテーマの一つが「One to One」

大衆ビジネスではなく、一対一に寄り添ったビジネスです。

このモデルで大きく伸ばしたのがライザップ。

最近では英会話などにも広がってきています。

髪によるお客様の幸せ実現のために

データベースを軸にした「One to Oneビジネス」の仕組み化は

一つのテーマになりそうです。

 

8.休眠美容師の復帰

休眠美容師(資格を持っているが美容師といて働いていない)は60万人以上と言われています。

現在の美容師従事者が約45万人ですので、休眠美容師の方が多い計算となります。

休眠美容師が復帰する要因は大きく2つあります。

①求人ポータルサイトの活性化・・・今より多くのサロンを同じ指標で比較できるようになる。

②働き方の多様化・・・日曜休みや週1勤務など働きやすい環境が整うため。

特にママのパート勤務が増えそうです。

 

9.分単価=100円のビジネスモデル設計

働き方改革の推進により、時間生産性の意識がより一層高まるでしょう。

美容室の場合では、一つの基準が分単価100円。

各メニューの時間設定や新しい美容室としての価値提供など

量より質を高めるための動きが増えそうです。

 

10.スタッフ定着率が企業成長のKPIになる

採用と同等の価値があるのがスタッフ定着率。

労働時間や給与などの待遇改善をはじめ

独立支援制度や復職制度等のキャリアプランの仕組みを作るサロンが激増しそうな予感です。

 

以上です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年12月27日

2017年 美容業界で広がる多極化

美容室 マーケティング全般

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「2017年 美容業界で広がる多極化」についてです。

 

2016年を振り返ると「守りを固める年」だったように思います。

世の中を見ても、女性の社会進出や労働環境問題等

今までの”常識”が急激に”非常識”になっていくことに戸惑いを感じた方も少なくないと思います。

 

美容業界でも例外ではなく、

私のクライアントでも

・社会保険の加入

・新卒採用の強化

・評価制度の見直し

・新しいキャリアプランの構築(独立支援制度や女性の復職制度等)

・スタッフコミュニケーションの仕組み化

・既存店舗の利益率の改善

の割合が実に多かったです。

 

2017年はどのような年になっていくかというと、

「多極化」の時代と推測しております。(実際もうすでに広がってきていますね。)

いわゆる「うちのサロン=○○がウリ」というサロンが格段に増えてきます。

 

現在あるだけでも、

・高単価ケア特化系(トリートメント・スパ・育毛系)

・低単価高回転系(1000円カット、メンテナンス型)

・低単価オシャレ系(面貸し、委託系)

・高単価オシャレ系(地域一番、高い技術)

・商品特化系(カラー専門店、カット専門店)

・ターゲット特化系(ママさんサロン、メンズサロン)

・複合型系(エステ、ネイル、マツエク、カフェ等)

ざっとあげてもこれだけ出てきます。

 

では、自社の魅力をどう作れば良いか?という問いに対しての一つの参考として

船井総研の「差別化の8要素」の考え方をご紹介します。

差別化の8要素とは他社と差別化を図るために

意識すべき8つの要素のことです。

それが

1.立地(店舗の利便性)
2.規模(スタッフの多さ、店舗の広さ、売上の多さ)
3.ストアロイヤリティ(創業からの年月、サロンの認知度)
4.商品力(メニュー、技術)
5.販促力(WEB販促・既存販促)
6.接客力(顧客対応)
7.価格力(メニュー価格)
8.固定客化力(リピートさせる力・VIP客数)

です。
1~3を戦略的差別化=すぐに変えられない
4~8を戦術的差別化=企業努力で変えられる

と定義しています。

 

自社がどこで伸ばしていくのか

ぜひ戦略を見直す一年にしてください。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年12月20日

集客から逃げてはいけない

美容室 集客

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「集客から逃げてはいけない」についてです。

美容室経営において売上の基本が集客です。

 

一般的なリピート率の美容室では

・新規客比率8%以上

・新規リピート率40%以下では

稼動客カルテは増加せず売上は伸びません。

 

 

ここに美容室経営の根幹があると思うのです。

もちろん単価アップ等も重要な施策ではあるのですが

それ以上に新規のお客様が来店し、来店続ける仕組みが売上アップでは最重要です。

 

当たり前のことを何を今さらという方も多いかと思いますが、

例えばの例で申しますと、目標集客数を達成することよりもポータルサイトを使用しないことが

目的になっているサロン様が結構いらっしゃるということ。

 

目標売上を達成するためには、目標の集客数を達成しなければまず達成できません。

売上を上げるためには即効性のある媒体を活用し

集客が伸びてくるにつれてリピート率を増やす取組をして

他に集客するための媒体を増やして、さらに集客数を上乗せしていく。

 

自力集客が理想ではありますが、目的となってはいけません。

あくまで目的は目標集客を達成することです。

 

大切なことは取り組みに対してのPDCAをどれだけ徹底できるかです。

・この媒体で集客はどれくらいできているのか?

・どの媒体で集客した場合のリピート率がいいのか?

・スタッフによってなぜリピート率が違うのか?

 

今自社が何をすべきなのかしっかりと見極めて

集客戦略を構築していって頂きたいと思います。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年12月16日

収益性より”ヒト”をど真ん中に置いた美容室経営を!

美容室 マネジメント

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「収益性より”ヒト”をど真ん中に置いた美容室経営」についてです。

少し大胆なテーマですが、最近感じていることをお話します。

 

総人手不足時代といわれる昨今において

「資格職×厳しい労働環境」の美容業界は大きな打撃を受けている

ことは皆様も感じておられることと思います。

 

その中で世間の大きな動きというものが

経営を収益性いわゆる利益を出すことを中心に置くのではなく

人材を中心に置く経営にシフトしてきています。

理由は明快で、売上を上げるよりも人材を獲得する方が困難だからです。

 

例えば、お隣の飲食業界の話を伺うと最近ではバル業態が伸びているようです。

理由の一つとしては、「ガヤガヤした居酒屋よりおしゃれなバルの方で働きたい人が多いから」だそうです。

 

上記のバルの例のように、これから人財戦略をど真ん中に置いた経営をしないと

今後美容室として生き残っていくことは難しい時代がやってきます。

 

とはいえ、経営者の立場からすると全くの逆風で

・国家主導の労働時間の短縮

・社会保険の強制加入

・最低賃金の上昇

・アシスタント初任給の高騰

・独立、出産による退職

などなどクリアしなければいけない壁が山積みな状況です。

 

生産性向上は至上命題ではありますが、

今までの経営における優先順位を変えて頂くタイミングです。

 

ホットペッパーさんが新しいサービスを始めるようですね。

中途採用市場が大きく変わる気がします。

今一度ビジネスモデルの見直しを行うタイミングです!

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年11月28日

おしゃれな低価格サロンの増加

美容室 マーケティング全般

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「おしゃれな低価格サロンの増加」についてです。

今月の日系MJに出ていた美容室業界ランキングです↓
埋め込み画像 4
全体を通じて見てみると
低価格サロン(1000~2000円)の伸びが大きいです。
さらに傾向として増えているのが
予算帯2000~3000円の女性ユーザーを取っていく
【おしゃれ×低価格×高回転】の専門業態です。
いわゆる「こまめに安くおしゃれしたい方向けサロン」です。
記事でもご紹介されている下記はその典型的なサロンです。
QBハウスさんが展開されている「Fass」
http://www.fasssalon.com/
アルテサロンさんが展開されている「チョキペタ」
http://chokipeta.com/
美容室に対する節約志向が高まっていることで
上記のような低価格おしゃれサロンが伸びているのですが、
地域で売上を伸ばし続けているサロンがいるのも事実です。
そして、売上を伸ばし続けているサロンは
不況や競合にびくともしない根強いファン(VIP客)が必ずおられます。
集客からVIP顧客化までの育成ストーリーを
サロン全体で構築することがこれからの生き残るコツです。
業界全体がサロン技術以上に経営力やビジネスモデルの見直しの時期に入ってきています。
12月に入ると他のことができなくなるくらい忙しくなります。
今一度来期の動きを明確にしていきましょう!
美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年11月14日

美容業界の時流【専門店の集合体】

美容室 マーケティング全般

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「美容室の時流【専門店の集合体】」についてです。

私は常に大手サロンや流行りの美容室の沿革を見て

現在の業界の動きを確認しております。

 

最近の動きとして多いのが

マツエク、ネイル、エステ、白髪染め専門、女性限定、男性限定、カフェなどの

専門店を新たなブランドとして出店するケースです。

 

2000年代中盤は「大型化」の時代であり

美容室の中に「マツエク」や「ネイル」を導入する

トータルビューティーが流行りました。

 

しかし、現在は同じトータルビューティーでも

業態別にお店を出すスタイルが増えてきています。

 

このような流れが広がるのはライフサイクル上は

原理原則に基づいており、

わかり易い例でいうと

「パスタを食べたいのにわざわざファミレスには行かない」のと同じです。

要するにイタリアンのお店が増えてきているのに

ファミレスで頑張ってパスタを売ろうとしても難しいのです。

 

近年では美容業界でもネイルやマツエクが当たり前になりました。

要するに美容室の中で行っているネイルよりも

ちゃんとしたネイルサロンにお客様は動くということです。

 

美容室で新業態のお店を出して成功するかのポイントは

「既存の美容室のお客様にどれだけ利用して頂けるか?」にかかっています。

都内を中心にこの動きは急速に進んでおりますが

今後は政令指定都市、地方都市にも

どんどん広がっていくものと推測されます。

 

常に世の中は変化していきます。

将来のビジョン、今後3ヵ年の動きを明確化する11月にして頂けますと幸いです。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

 

2016年11月8日

美容室の朝終礼の重要性

美容室 マネジメント

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「美容室の朝終礼」についてです。

皆様のサロンでは朝終礼をしていますでしょうか?

 

私のこれまでの印象では

しっかりを目的を持って朝終礼を実践しているサロンは5%以下しかありません。

そして実践している5%のサロンは高い確率で成長し続けているサロンです。

 

なぜ成長することと朝終礼が相関性を持つのかというと明確な根拠があるからです。

それは「10日同じことを考えるより、10日間毎日PDCAを回す方が10倍成長が早いから」です。

 

組織の成長はこのPDCAの早さに比例します。

毎日の朝終礼でそのPDCAで回すようにすることで

10倍速で成長するサロンにすることができます。

 

私のクライアントでは

朝礼の目的

①目標数値とお客様の情報共有(当日の行動の具体化)

②理念の浸透

終礼の目的

①明日につながる行動・意識の共有

と設定して毎日行動して頂いております。

 

やらされている朝礼ではサロンの成長はありません。

日頃の癖・習慣からサロンを良くしていく流れを作っていただきたいと思います。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

2016年10月25日

コミュニティづくり~ニューシーズンズマーケット編~

美容室 マーケティング全般

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「コミュニティづくり~ニューシーズンズマーケット編~」についてです。

皆様はニューシーズンズマーケットというスーパーをご存知でしょうか?

2000年にオレゴン州のポートランド発祥で現在は西海岸を中心に17店舗展開しています。

img_1014

写真で見ると分かるとおり

「街でもっとも親切(フレンドリー)なお店」ということを全面に押し出しています。

 

誇大広告のように見えますが

実際にびっくりするぐらい親切なのです。

それを実現しているキーワードが「地元密着」と「社会貢献」です。

 

~地元密着の事例~

・店長は必ず地元の人、地元でない場合引越しをしてもらう。

・製品の70%は店舗から100マイル以内の地元のオーガニック商品

・地元の避難場所として使われる(日本でいう中高校や公民館)

 

~社会貢献の事例~

・利益の10%を寄付している。

・地域住民との交流を促進する企画

 

周りのスーパー比べると少し値は張りますが

売上は昨対比130%前後とかなり伸ばされています。

 

日本の美容業界のライフサイクルは成長期を経て安定期に差し掛かっています。

専門店化が全国的に進んでおりますが

これからコミュニティ化の流れが確実にやってきます。

 

自社の地域の中での位置づけや提供できる価値を今一度見直し

エリア内の○○な美容室ならここ!というポジションを確立して頂きたいと思います。

 

美容室経営のことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

1 / 712345...最後 »