奥野 倫充 BLOG

毎日3分でホール業界最新時流がわかる!

2017年2月14日 06:23

カジノ議連・岩屋代議士セミナーにて

先日、自民党本部にて、岩屋代議士のセミナーに参加させていただきました。IR関連の座長にもなった岩屋代議士の発言から、カジノやパチンコのヒントが得られればという思いです。外国人観光客を年間4000万人以上にするという政府の目標を達成するにはIRが必要不可欠。岩屋代議士の書籍で書かれていた内容を強調されていた。

 

今回のセミナーで最も参考になったのは、ゲスト講師の世耕経済産業大臣の話です。ロシア外交における最重要政治家といっても過言ではない人物。ロシアには、日本とは経済活動で付き合うメリットがあると認識してもらい、政治的な協調路線を引き出そうという戦略を実行しようとしているとのことでした。プーチンの講演を分析すると①長寿②インフラなどがロシアの最優先項目。その最優先項目に対して、日本が協力できることを写真でプレゼンしたら刺さったとおっしゃっていました。北方領土問題は、日露の経済協力からスタート。領土問題解決に進めていくとのことです。世耕大臣の話が盛られていないならばですが、北方領土問題の解決は本当に楽しみです。

 

話は戻ってパチンコ業界の話。今回の岩屋代議士セミナーに連れて行ってくださった方との情報交換で得たのは、パチンコ業界を守ってくれる政治家が不在であることです。カジノは票も集まるし、お金も集まる。ので、政治家は存在する。しかし、斜陽産業のパチンコは火傷するので誰も近寄りたくない。この状況は、警察庁が丸腰で世論と戦わなければならない状況と同義と感じます。今後、世論からの風当たりが強くなった際、防戦一方となるパチンコ業界の将来に危機感を新たにしたセミナー参加でした。

コラム一覧へ戻る