奥野 倫充 BLOG

毎日3分でホール業界最新時流がわかる!

2017年4月17日 10:39

雑誌で紹介されたパンの名店に行ってみて

先日、芝公園にある『ル・パン・コティディアン』というベーカリーカフェに行って参りました。というのも、週刊文春で『俺のベーカリー(恵比寿)』が紹介されていて、そのシェフの一人に『ル・パン・コティディアン』出身者がいると書いてあったからです。名門店のシェフを中心に、立ち飲みスタイル&高原価で商品提供をする。それが、俺の・・・のビジネスモデルです。『俺のベーカリー(恵比寿)』よりも、その名門店とはどんなお店?と気になったのです。

 

ちなみに、『ル・パン・コティディアン』は、増上寺の隣。芝公園の敷地内にあるお店で、とてもセレブ感漂うお店でした。うちの奥さんはパン好きなのですが、『美味しい』と絶賛していましたので、上質なのでしょう。テラス席があって、とても開放感がある。店の雰囲気は◎でしたね。実は、パンの味がイマイチわかりませんもので・・・汗。パンの価格が一個あたり250~300円くらいする。そして、店内でパンを食べると一個あたり50円の追加料金がかかる。それはなかなか高いなと思えたくらいです。東京の一等地のパン屋さんは本当に高い。ただ、原材料でいい加減なものを使っていないだろうという安心感は出ますが・・・。今度、俺のベーカリーにも行ってみて、オリジナルとの比較をしてみようと思います。

 

ちなみに、雑誌で紹介された店舗を回り、自分自身で検証するという癖は、約10年前からスタートしたことです。船井総研の元会長である小山政彦氏がオリジナルの『お客様をおもてなしするお店リスト』を拝見したことから。ちなみに、そのリストは、雑誌に掲載されているお店を実際に行って検証。その蓄積で、なかなか味のあるリストでした。ちなみに、利回り300%以上の投資ファンド・藤野英人さんも約8,000社の企業訪問をもとに投資先を決めるとか。コツコツ回り続けて蓄積するのが大事なことなのだと信じて回り続けようと思います。

コラム一覧へ戻る