奥野 倫充 BLOG

毎日3分でホール業界最新時流がわかる!

2017年4月20日 08:09

注目中古機について

昨年の今頃、中古機で話題になっていたのは80%継続のミドル機種でした。代表機種は北斗無双。他にもダンバインなどの機種もあります。ただ、中古機確保に熱心だったのはごく一部のホール様。当時のマックスタイプをどう設置するか?に注目が集まったと記憶しています。一年経過した現在、やはり、中古機確保に動いたホールが正解だった。少なくとも中古機で売却すれば差益が出るくらいなので、動くべきだったといえます。

 

話は変わって、先日の繁盛店研究会4月例会。経営者同士の情報交換ということもあり、旧基準機が撤去されたスロット機種構成の話題になりました。今は、旧基準機が最高スペック。しかし、それが撤去されたらどのスペックが最高スペックになるのか?そんな話題です。そして、それを見越して中古機を確保する。その必要性が共有されたグループがあります。パチンコのことを考えたら、そのとおりですね。

 

いつの時代も、最高スペックというのは注目され、重宝されます。そして、その最高スペックが撤去されたら、二番目の機種が重宝されるようになる。古今東西繰り返されることです。そんなことを思い出した繁盛店研究会4月例会での情報交換でした。今後も中古機市場の動向に注目ですね。

コラム一覧へ戻る