奥野 倫充 BLOG

毎日3分でホール業界最新時流がわかる!

2012年2月14日 11:16

スロット増台の目安について(2)

スロット増台の目安について(2)

2012年2月14日

また、2011年12月にグランドオープンした400台クラススロット専門店の中には、 苦戦しているお店も複数あります。苦戦しているスロット専門店の新店に共通するのは、 機種構成は秀逸(北斗80台クラス、番長50台クラス)であること。にも関わらず、平日の稼働率が10%にも満たない低稼働であることです。

しかし、成功しているスロット専門店もあります。
そのスロット専門店では、グランドオープン販促に力を入れたことと、 70台の5円スロットに最新機種を揃えたことが勝因といわれています。

また、パチンコ併設のスロット400台クラスは比較的好調です。 同じ機種構成が秀逸なスロット400台でも、20円スロットのみのスロット400台と、 5円スロット強化型やパチンコ併設型のスロット400台では、好調ぶりが大きく異なります。

この違いを見るに、20円スロット単体での高稼働は難しく、 少なくとも、併設店などのスロット400台店舗には見劣りしてしまう。 周辺部門となるパチンコ部門や5円スロット部門の集客アシストがあってこそ、 400台クラス20円スロットの高稼働が実現すると考えられます。

【重要なご連絡】 「ブログ会員」一時休止のお知らせ

いつも奥野倫充オフィシャルサイトをご利用いただき、ありがとうございます。

会員専用コンテンツ“奥野倫充のブログ『今、お伝えしたいこと』”は、今後より多くの方に奥野からの最新情報をお伝えできればと考え、この度「ブログ会員」を一時休止させていただくこととなりました。

よって今後はID・パスワードの入力の必要無く、ブログをご覧頂けるようになります。
既にご登録頂いている方には、何卒ご理解頂きますようお願い致します。

※メルマガ配信登録をされている方には従来どおりお届け致します。

奥野 倫充

株式会社船井総合研究所 パチンコ支援ビジネスグループ
エグゼクティブ経営コンサルタント 奥野倫充

パチンコビジネス支援チームでは、数多くの現場支援やプロジェクトを次々と成功させ、パチンコ業界に残してきたインパクトや功績は非常に大きい。
現在は船井総合研究所第五経営支援部次長として、東京のパチンコビジネスチームを率いている。 月に約20社を超える月次支援や、講演会、セミナー、研究会、執筆活動等、月の9割以上を現場における業績アップ支援にあて、全国を飛び回っている。
船井総研を代表するトップコンサルタントとして日々活躍中である。

ブログ 『奥野倫充の本音と現場の舞台裏』

⇒ このコンサルタントに無料経営相談を申し込む

⇒ このコンサルタントのメールマガジンを購読する(登録無料)

一覧へ

コラム一覧へ戻る