自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年3月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • 2016年12月14日9:25 AM
    こども向けの習い事の『競争』の本質

     

    幼児~小学生を対象としたこども向けの習い事の「競争」の概念は、

    現在では「同ジャンル間の競争」ではなく「異なるジャンル・業態間の競争」になっています。

     

    つまり「スイミング教室」の生徒奪い合いのライバルは、これまでは「スイミング教室」でしたが、

    現在では競争相手は、体育系の「体操教室」や「ダンス教室」。さらにはその他の知育系の習い事が競争相手であるということです。

     

     

    この競争の背景にあるのは各家庭・こどもの「習い事費用」「曜日時間」が有限であるという前提です。

     

    こども向けの習い事費用は小学校低額年までであれば、意識の高い層で2~3万円。

    一般的には1~2万円程度です(もちろん5万円程度使う層も存在しますが)。

    そのため他の習い事に通うことで費用負担が大きくなれば、当然新しい習い事に消極的になってしまいます。

    また、幼稚園児や小学生の場合、平日は幼稚園や小学校に14~15時まで通うため、それ以後の15:30~18:00の時間帯は文字通り、

    習い事同士のスケジュールの奪い合いです。(本来は1日で複数の習い事をすることも可能ですが、移動時間を考えると難しいケースが多い)

     

    こうした環境の中では、自社の競争戦略は「他の同ジャンルの教室にどれだけ優位を取れるか」などではなく、

    「他のジャンルの習い事と比較して、自分のジャンルの習い事の優先順位をどれだけ高くできるか」が重要になるのです。

    つまり、習い事自体の有益性・有効性です。

     

    元々、優先順位が高く・必需品的になっている英会話教室などの場合は、ジャンル自体の魅力訴求はそれほど必要ありませんが、

    その他の習い事においては、「ジャンル」の魅力訴求が今後は重要になりそうです。

     

    また、競争を優位に進めるための「低年齢層からの通学」も重要ですね。

     

     

     

    2016年10月25日8:27 AM
    英語教育の成長と弊害

     

    大学入試改革・英語教育改革が進展していく中で、当然のことながら、これから「英会話・英語教育」の市場はさらに成長をしていくことでしょう。

    既に関東圏では、数年前にはあまりみられなかったようなスクール業態が生まれつつあります。

     

    しかし、現在の民間の英会話・英語教育の一部には、「こどもの将来を考えた時、本当にその教育でよいのだろうか?」と、少し心配になってしまうものも少なくありません…。

     

    こども達は「英会話・英語」だけを使って生きていくわけではありません。

     

    これからの人生で様々な言語や学問を活用する必要があるのです。その事実から目を背けて、「英会話さえできれば…」という過度の思い込みによって、極端な教育を行うことは、メリットも多いかと思いますが、デメリットも当然あるのです。

     

    基本的に「教育」というものは素晴らしいものですが、過度に行き過ぎた形になってしまえば、一部弊害が生まれる可能性があるということも知っておくべきかもしれません。

     

    私達、教育事業者の倫理感として、「目の前のこどもの成果」「市場のニーズの有無」だけで、全てを判断することは慎まなければいけないと(自戒も含めて)思います。

     

     

     

    2016年7月14日7:39 AM
    スクール・学童保育の新規開業

     

     

    先日、子ども向け教育ビジネス新規参入セミナーが大阪にて開催されました。

     

    社会貢献や地域貢献のために教育業をお考えになられている方々が多数ご参加いただきました。

    こうした意欲的な事業家の皆さんが、教育業界に入ってきていただくことで、業界にも新しい風が吹くことが期待されます。

     

     

    それにしても、今回のゲスト講師を担当していただいた、夢見る株式の重見社長様は、

    おそらく、個人経営でスクール・学童保育を立ち上げた方の中で、日本中でもトップクラスに入る事業の成長スピードです。

     

    教育事業を始める際の、心得やどのような事業を始めるべきなのかを熱くご講演いただきました。

     

    東京会場でも講師をしていただけますので、教育事業を始める企業様は必見です!



    ————————————————————————————–

    ◆子ども向け教育業ビジネス新規参入セミナー◆

     

    異業種から教育業界への新規参入セミナー

    教育業界の時流・時流に適した商材・失敗しない立上げ手法などを大公開!

    スクール・学習塾など教育業界の方も 今後取り組むべきことが明確になる1日です!

     

    東京会場:7月24日(日) 東京船井総研本社(東京駅徒歩1分)

     

    ↓詳しいご案内はコチラ!

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/006674.html

    ————————————————————————————–

     

     

    img_seminar_00667_01

     

     

     

     

    2016年6月9日7:47 AM
    子ども向け教育業ビジネス新規参入セミナー

     

    新しいセミナーのご案内です。

     


    ————————————————————————————–

    ◆子ども向け教育業ビジネス新規参入セミナー◆

     

    異業種から教育業界への新規参入セミナー

    教育業界の時流・時流に適した商材・失敗しない立上げ手法などを大公開!

    スクール・学習塾など教育業界の方も 今後取り組むべきことが明確になる1日です!

     

    ↓詳しいご案内はコチラ!

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/006674.html

    ————————————————————————————–

     

     

    img_seminar_00667_01

     

    2016年5月26日10:38 PM
    英語教育改革対応法セミナー(福岡・東京)開催迫る!

     

     

    おかげさまで、英会話教室・学習塾・プリスクールを経営されている企業様に多数のお申し込みをいただいている

     

     

    英語教育改革法セミナー

     

    ですが、福岡会場の開催が今週末。

    東京会場の開催が来週末に迫っています。

     

     

    先日、先行して開催された大阪会場にも西日本&全国各地から多数の経営者様にご参加いただきましたが、

    ご参加された経営者様の多くからは、

     

    「これから時流の中で何をするべきかわかった」

    「現在の英会話教室経営の課題解決の糸口が見えた!」

    「レッスンの時間割や講師の原価の問題で悩まなくていいレッスン体系が魅力的に思えた!」

    「この時代の流れを追い風に変えていくための変化が必須だとわかった!」

    「すぐに新しいスクール体への変化を進めていきたいと思った!」

     

    など、うれしい声をいただいております。

     

     

    英語教育改革に対応するという時流適応のテーマだけではなく、

    従来の英会話スクール経営の構造的な限界=利益率の低さや採用の難しさ

    を解消するビジネスモデルにご興味をもたれた方も多いようです。

     

    間違いなく、今回の英語教育改革の中で、新しい英会話教室のモデルが誕生し、

    時代の主流が確実にコチラにシフトしていくと思われます。

     

    あとは、地域内でどの企業様が先に始めるか、先行者メリットを得るのか?というシンプルにスピードの問題かなと思います。

     

    この時代の流れに乗り遅れないようにしたいものですね。

     

     


    ◆英語教育改革対応法セミナー◆

     

    英会話スクール・英語コースを取り扱う学習塾、外国語専門学校必見!

    文部科学省が進める「英語教育改革」によって始まる「英語教育新時代」に

    業績を飛躍的伸ばすためのノウハウとテクニックを大公開!

     

    ↓詳しいご案内はコチラ!

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/005605.html

     

     

    img_seminar_005605_01

     

     

    • 【大阪会場】 2016年5月15日(日) 13:00~17:00(受付12:30~) (株)船井総合研究所 大阪本社
    • 【福岡会場】 2016年5月29日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)リファレンス駅東ビル 貸会議室
    • 【東京会場】 2016年6月5日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)(株)船井総合研究所 東京本社