自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • 2018年5月7日7:00 PM
    学童保育参入セミナー開催!

     

    民間の学童保育事業の新規開設・開校についてのセミナーを以下の日程で開催いたします。

     

     

    ①認定こども園・幼稚園向け教育付き学童保育セミナー

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031713.html#_ga=2.85075161.1525330961.1525656669-1656553965.1511937633

     

    img_seminar_031713_01

     

    5月25日(金)東京会場

     

    認定こども園、幼稚園を経営されている法人様向けのセミナーです。

    卒園児の預け先としての、教育付き学童保育の開業成功事例をお伝えしつつ、学童保育開設のポイントをお伝えいたします。

     

     

     

    ②スクール・学習塾向け学童保育セミナー

    ※ご案内はただいま製作中です。少々お待ちください

     

    7月8日(日) 東京会場

     

    学習塾やスクールなど、既に校舎をお持ち、教育事業を展開されている企業様向けのセミナーです。

    既存の施設や教育コンテンツを活用した学童保育の開設事例をお伝えしつつ、学童保育の開設のポイントをお伝えいたします。

     

    ゲスト講師としてお招きする学童保育の新規開設に成功した施設では、

    開校半年で単月黒字化、

    定員キャンセル待ち、総利用者数80名 といった実績を上げられています。

     

    詳しいご案内は後日公開いたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

     

     

     

     

    2018年4月15日9:12 PM
    民間学童保育の開設の注意点~公設学童との差別化~

     

     

    民間の学童保育事業の開設・開業をしていく上で、絶対に意識しておかなければならないのが、

     

    「既存の公設の学童保育の運営内容」

     

    についてです。

     

    基本的に公設(公営・民営)の学童保育は、既に日本全国のほとんどの学校で開設されています。

    そして、小学校からの距離などの利便性、さらには利用料金などについては、民間学童保育では真似ができないレベルのものがほとんどです。

     

    ある意味、児童向けの事業を考える時には、公設の学童保育の存在が中心にあり、

    民間の学童保育や習い事教室などは、あくまで、差別化や補完的要素になるわけです。

     

    だからこそ、我々が習い事教室のコンサルティングや民間学童保育の開設のコンサルティングを行う際には、

    既存の公設学童保育のサービス内容や評判などをリサーチします。

    その上で、開設する民間学童保育のサービス内容などを決定することになるのです。

     

    公設学童保育と比較した場合、民間学童保育の強みや差別化要素として上げられる主なポイントは以下の通りです。

     

    基本コンセプトは「少し料金は高いが、少人数・高品質」

     

    学習塾や習い事要素が付加されている

     

    施設サイズと人数のバランスが公設と比較して余裕がある

     

    夏休みや土曜日のお預かりが充実

     

    夏休みなどでもお弁当などは必要ない

     

    お預かり中のカリキュラム内の教育要素が強い

     

    スタッフに専門家を用意して、事故や事件が発生しないように管理

     

     

    基本的には上記のような付加価値や差別化ポイントがあるため、利用料が月当たりで公設学童と比較して、

    数万円高くても選んでいただける存在にしていくことになります。

     

    ただ預かるだけの民間学童保育の開設では、多くの場合、失敗することになります。

    開業の際にはしっかりと上記の発想を意識しておきましょう。

     

     

     

    2018年3月29日8:54 AM
    共通テストにおける英語の民間試験活用についての考察

     

     

    大学入試センターは、「大学入学共通テスト」の英語で活用する民間試験について、7事業者・計23試験を認定したと発表しました。
    認定されたのは、国際ビジネスコミュニケーション協会、ベネッセコーポレーション、日本英語検定協会、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、Educational Testing Service、IDP:IELTS Australiaの7事業者ですが、英検は筆記試験の合格者がリスニング試験を受ける従来型のものは認定されず、1日で完結する新方式が認定されました。

     

     

    いよいよ新大学入試における共通テストの民間試験の認定資格・業者が発表されました。

     

    …多い!

     

    当然のことながら、資格の難易度も異なりますし、資格の方向性も違う。

    そんな中で公平性が保たれるのか!という異論の声がドンドン出てくるでしょう。

    誰でも不安に思います。

     

     

    …が、教育業の経営コンサルタントをやっている立場からすると、今回の民間試験の活用をこのパターンにしたのは、

    「あえて」だったようにも思います。(とても前向きに考えていますが…)

     

    東大が既に決めているように、「民間試験の結果」についての活用を極力抑え、各大学の二次試験で真の英語力を判定するという流れにするためだったのではないかと…(かなり前向きに考えていますが笑)

     

     

     

    実際に、この1~2年。大学入試での英語の民間試験の活用が発表されてから、少しおかしな流れが生まれてきていました。

     

    文科省の想いとしては、「真の英語力」を身に着けさせる、それを判定することが目的だったわけですが、

    教育ビジネス(学習塾、英会話スクール)の現場では「資格さえとれればOK」という雰囲気になっていたわけです。

    …で、英語業界に詳しい方はご存知ですが、各英語の民間試験で本当に「話す力」が判定できるかというと、全くそんなわけはない状態であり、英語の民間資格を取得していればOK!という流れは、ある意味非常に危険な状態でした。

     

    …が、ここにきてこの発表です。

    当然、試験・資格の公平性に疑問視をする大学が多いため、資格を取っていればOKではなく、各大学で本当の英語力を判定しようとするでしょう。 

     

    資格の価値が限定的になれば、必然的に真の英語力の有無を判定する方向に向かっていくわけです。

     

     

    そんなわけで、今回の資格の発表は、「共通テストで語学力を正確に計測しよう!」という流れではなく、

    「共通テストの英語はあくまで参考レベルに考えよう!」という流れをうむためのものだったのかもしれません。

     

    なにせ、東大のようにそもそも「合否判定に使わない」って言っておけばいいわけですからね。

    過熱しそうだった「資格さえ取っておけば」の流れがこれで落ち着いて、正しい方向性に進みそうです。

     

     

     

    2018年3月26日9:45 AM
    高い教育効果が期待できる学童保育の開業

     

    これまで民間の学童保育事業の可能性についてお伝えしてきました。

     

    市場の急成長や共働き世帯対応は基本的に「預り」にスポットが当たりますが、

    実は学童保育事業、アフタースクール事業は、「教育」要素においても、大きな意味を持つ可能性があります。

     

    これまでスクール・習い事業界においてネックとなっていたのが、

     

    「本当に週1回 1時間程度のレッスンで上達するのか?」

     

    という、こどものレッスン・教育の時間数の問題&限界でした。
    (もちろん中には週1回で上達して資格も取れる習い事もありますが…)

     

    特にその傾向が顕著なものとしては、「英会話」などが上げられます。

     

    多くのスクールにおいては、一定上の目覚ましい成果をあげたり、上達するためには、

    スクールにおけるレッスンだけではなく、「自宅での家庭学習・トレーニング」が必要不可欠になります。

     

    しかし、スクールに通わせる保護者やこどもの多くは、

    なかなか自宅で練習ができないのも事実です…(時間・本人の意欲的にも)。

     

    この「学習時間数」の問題を、学童保育の場合はその「滞在時間の長さ」ゆえに解消することが可能なのです。

     

    レッスンだけでは上達に限界があり、こどもの家庭学習と保護者のサポートが必要となる従来のスクール。

     

    多少高額だけども、一定時間、こどもを預けることができ、保護者は手間をかけずに、

    こどもは長時間のレッスン時間により圧倒的な教育成果が出しやすいアフタースクールや学童保育。

     

    こういった対立構造になる可能性があるのです。

     

    学童保育=単なる「預かり」と考えるだけではなく、
    長時間&密度の濃いレッスンを提供できるロングタイムスクールと考えると、見方が変わるかもしれません。

     

     

     

    2018年3月13日7:44 PM
    学習塾の学童保育参入のメリット

     

     

    今後、民間学童保育の新規参入が増えていく業界のひとつに「学習塾」業界があります。

     

    学習塾業界が民間学童保育事業に参入する上でのメリットは以下のものが上げられます。

     

    ◆小学生(低学年)の見込み客の囲い込み

     

    ◆幼少期からの学習習慣の定着による、教育効果のアップ

     

    ◆小学生~中学生までのサポートを行うことによるLTVの拡大

     

    ◆学習塾の正社員の15:00~19:00の間の稼働を上げる

    (講師の兼務)

     

    ◆(地方の学習塾の場合)稼働率が落ちている校舎・教室の有効活用

     

    つまり、民間学童保育のビジネスモデルとして考えた場合、学習塾が民間学童保育を開業する場合、

    家賃、人件費、習い事コンテンツなどにおける負担を大幅に減らすことが可能になるわけです。

     

    これにより学童保育事業としての収益性を上げやすくなります。

     

    さらに本業である学習塾事業においても、小学校4年生からの持ち上がり生徒増が期待できますし、

    幼少期から通学している生徒の場合は教えやすいというメリットもあります。

     

     

    ある意味、保育園などよりもはるかに本業との相乗効果が期待できる事業だといえるわけです。

     

    既に大手学習塾企業のいくつかは教育付き(習い事付き)学童保育事業の新規参入を進めています。

    この流れはさらに拡大していくことが予想されます。