自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2010年6月6日5:30 PM
    制服好き

     

     

     

     

    通年制の資格スクールや専門学校の場合、

     

    「制服をどうするのか?」

     

    という選択肢が存在します。

     

     

     

    調理や美容系になると制服を持つことがほとんどですし、

    一方で座学系になると私服であることがほとんどです。

     

     

    制服が存在するメリットもあればデメリットもありますので、

    制服をどうするのか?はその学校の体質に応じて変えるのがベターですが、

    もし制服をつくるのであれば、

     

    「デザインセンスがとてもカッコいいORカワイイ」

     

    ものにすることをオススメします。

     

     

     

     

    私のように30歳を超えてくると、制服に求めるのは単なる機能性なのですが、

    若い女性、特に10代~20代となると、制服のデザインや小物のデザインそのものがスクールを選ぶ選択基準になることがあるからです。

     

     

     

     

    確かにABCクッキングスタジオなどは制服ではありませんが、

    小物のデザイン性でクチコミ効果やあこがれ効果を生み出しています。

     

     

     

    制服デザイン費を数万円デザイナーに上乗せするだけで、

    将来的には強烈なクチコミ効果を生むことができる。

     

    それが制服というものなのです。