自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2011年12月25日5:14 PM
    塾に求めるのは「受験特化」ですか?「教育」ですか?
    CATEGORY: 日々雑感

     

     

    引き続き学習塾選びネタを。

     

     

     

    学習塾をお選びになるときに、意外と意識されていないのが、

     

    「受験・成績アップに特化した塾」を選ぶのか、

    「子供たちの教育まで意識している塾」を選ぶのか、という視点です。

     

    特に幼児や小学生の塾選びの際には、上記の視点が大切になります。 

     

     

    もちろん、学習塾に求めるのは、成績のアップと志望校への進学になります。

     

    ただ、実際のところ通塾をしており、強制的に学習時間を増やし、さらには塾の講義を受講させることで、ある程度の成績アップは達成することが可能です。

    (難関校への進学にはハードルの高さが存在しますが)

     

     

    そこから先の、「勉強が好きになる」「自宅でも勉強ができる」「自律した生活が送れる」などの、教育的な側面が身につけばいいのですが、意外とこの領域にまで踏み込んだ「教育」をしてくれる学習塾は少ないのが実態です。

     

     

     

    …と、いいますのも学習塾業界の講師の中には、ただ勉強だけが得意で、社会人として不適応な講師も少なからずいらっしゃいますので。

     

     

    学習塾には子供たちを「受験マシーン」に育て上げてしまうタイプの塾もあれば、

    一人の「人間」として向き合い、勉強だけではなく「人生観」をも変えるような教育をしてくれる塾もあります。

    (ただ、フォローするだけではなく、その子を高みに引き上げてくれるような先生も中には存在します)

     

    これも入塾説明会における責任者の方の話や、直接会話をするときの担当者の人間力である程度判断できると思います。

     

    皆様の塾選びの目的や方針に合わせて判断されるとよいかと思います。