自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年7月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2018年3月11日12:52 PM
    民間学童保育の収益性は? 開業する価値は?

     

     

    近年、首都圏では民間の学童保育事業の展開が盛んですので、

    学童保育事業を新規事業として考える企業様が増えています。

     

     

    特に幼稚園やこども園にとっては「卒園児の受け入れ」という価値があり、

     

    英会話教室においては「英語イマージョン空間づくり」という価値があり、

     

    学習塾業界においては「見込み客の早期囲い込み」という価値があります。

     

    また、共働き世帯が増えている社会背景を考えれば、社会貢献的な意味もあります。

     

     

    しかし、上記のような「本業との相乗効果」「社会貢献」においては、非常に有効な学童保育という事業は、

    単体のビジネスモデルとしての収益性を考えると色々と課題が多いのも事実です。

     

    ◆売上上限が定員で決まってしまう

     

    ◆時間単価はスクール業と比較すると非常に安い (預かる時間が長い)

     

    ◆運営するスペースが比較的大きめに必要 (家賃問題)

     

    ◆公設学童保育という価格競争では負ける競合が存在

     

    ◆待機児童などの人口にビジネスモデルが影響を受ける

     

    などなど…。

     

    このように民間の学童保育事業というのは、ビジネスとしての収益性で考えると、ネガティブな要素が多いのです。

     

    しかし、幼稚園や学習塾のように、既に施設を持っている法人が、その施設を有効活用する(家賃負担軽減)、

    単なる週5預かりだけではなく、スクール生の受け入れも可能にして、売上上限を上げるなどの施策をとることで、

    ビジネスモデルの収益性を高めることも可能です。

     

    せっかくの新規事業ですから、相乗効果や社会貢献だけではなく、一定以上の収益性を確保できるようなビジネスモデルづくりをしていきたいですね。