自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事] 
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • 2018年4月15日9:12 PM
    民間学童保育の開設の注意点~公設学童との差別化~

     

     

    民間の学童保育事業の開設・開業をしていく上で、絶対に意識しておかなければならないのが、

     

    「既存の公設の学童保育の運営内容」

     

    についてです。

     

    基本的に公設(公営・民営)の学童保育は、既に日本全国のほとんどの学校で開設されています。

    そして、小学校からの距離などの利便性、さらには利用料金などについては、民間学童保育では真似ができないレベルのものがほとんどです。

     

    ある意味、児童向けの事業を考える時には、公設の学童保育の存在が中心にあり、

    民間の学童保育や習い事教室などは、あくまで、差別化や補完的要素になるわけです。

     

    だからこそ、我々が習い事教室のコンサルティングや民間学童保育の開設のコンサルティングを行う際には、

    既存の公設学童保育のサービス内容や評判などをリサーチします。

    その上で、開設する民間学童保育のサービス内容などを決定することになるのです。

     

    公設学童保育と比較した場合、民間学童保育の強みや差別化要素として上げられる主なポイントは以下の通りです。

     

    基本コンセプトは「少し料金は高いが、少人数・高品質」

     

    学習塾や習い事要素が付加されている

     

    施設サイズと人数のバランスが公設と比較して余裕がある

     

    夏休みや土曜日のお預かりが充実

     

    夏休みなどでもお弁当などは必要ない

     

    お預かり中のカリキュラム内の教育要素が強い

     

    スタッフに専門家を用意して、事故や事件が発生しないように管理

     

     

    基本的には上記のような付加価値や差別化ポイントがあるため、利用料が月当たりで公設学童と比較して、

    数万円高くても選んでいただける存在にしていくことになります。

     

    ただ預かるだけの民間学童保育の開設では、多くの場合、失敗することになります。

    開業の際にはしっかりと上記の発想を意識しておきましょう。