自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2015年10月12日10:32 PM
    生徒が集まりすぎることの問題点

     

     

    基本的にスクールや学習塾経営の大きな悩みは「生徒不足」になります。

     

    特に少子化の進行が激しい地方都市や、競合企業が力がある地域の場合、生徒数を維持することも困難であり、生徒集めに苦労することが一般的です。

     

     

    しかし、時流に合わせた適切な経営戦略、適切なマーケティング施策を実行していれば、生徒数集めに苦労するケースが少なくなる、

    逆に生徒が年々増加していくという状況になってくるのも、また現在のスクール経営ではありうるケースです。

     

    実際に、私どものコンサルティング先やスクール経営サポート倶楽部の企業様の多くは、「生徒数増」による新しい悩みが経営課題として上がっています。

    生徒が集まりすぎることによる問題点としては、以下のことがあげられます。

     

    1)そもそもの教室のキャパシティオーバー

     

    2)スタッフや講師不足

     

    3)生徒数が増えることによる個別のサービス対応力の低下

     

    4)生徒数が増えることによるハード面での不具合の発生(トイレ・駐車場などなど)

     

    5)スタッフのオーバーワーク

     

    生徒が増えることは、純粋に売上が上がることで良いことなのですが、上記のような様々な問題が発生するため、

    その対策を事前にしておかなければなりません。

     

    「生徒が集まりすぎることによる問題点」については、あまり勉強会やコンサルティングの中でも体系的に話していませんでしたが、

    今後はこのテーマについても、しっかり情報発信をしていかなければならないと感じています。

    (飲食業はこのあたりの対応が業界としてしっかりしていますので)

     

     

    それほど、業績好調・生徒数が右肩上がりの企業様が私達の関係先では増えています。

    うれしい悩みではありますが、つくづく経営とは難しいものだと感じます。

     

     

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    年に1度の教育業界向け謝恩セミナー!

     

    教育業界の時流予測と2020年までの経営を徹底解説!

    さらに、教育ビジネスが広がるビジネスフェア(ブース出展)も!

    教育経営フェスタ2015

    2015年11月16日(月)@ヒューリックホール 11:00~17:10

    《ゲスト講師》

    数々の人気番組をプロデュースしてきた、日本のトレンドプロデューサー! 

    厚生労働省イクメンプロジェクト推進メンバー

    経済産業省「平成24年度クールジャパン戦略推進事業」第三者委員

    「企業マッチンググランプリ」総合プロデュース

    ”おちまさと”氏

    詳しくはこちら!!

    http://www.school-keiei.com/consulmenu/315798.html

     
    img_seminar_315798_01
     
     
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■