自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2015年9月20日1:10 PM
    絶好調の販促上手スクールや学習塾が墜ちる理由

     

     

    スクール・学習塾業界において、販促や生徒募集についてのお悩みが一番経営相談ではポピュラーです。

     

    確かに、そもそも生徒が集まらなくて困っている・・・販促のやり方がわからないなどのケースもあるので、

    生徒募集や販促活動に経営課題をおくのが正しいケースもあります。

     

     

    しかし、企業のケースによっては、そもそもそのスクールの経営課題の本質は「販促・集客」ではなく、「継続・退会防止」であることも少なくありません。

     

    よくあるパターンですが、「昔は〇〇〇の販促活動をしていて生徒が集まったが、最近は集客数が半分になってしまっている」

    こんなお悩みのケースは、数値だけを見ていると集客や販促活動なのですが、より経営不振の真因をたどってみると、

    「退会や継続」関連の問題の方が大きかったりすることも珍しくありません。

     

     

    特に英会話スクール経営や学習塾経営などでは、この「退会や継続に問題がある」パターンが多いようです。

     

    生徒が1年未満で辞めていってしまうようなスクールや塾経営をやっていては、ある意味バケツの底に穴が空いているようなものですから、

    そもそも集客数をどれだけ増やしても限界がきます。

    またその程度の継続期間のスクールであれば、顧客の悪いクチコミが瞬く間に広がりますから、最終的には集客を大きく減らる原因にもなってしまうのです。

     

     

    販促上手、マーケティング上手の一時期好調の企業が、最終的には墜ちる理由は、

    実は販促手法が時代に合わなくなったなどの理由よりも、「スクールの質」=「継続や退会」に問題があるのです。

     

    これまでスクール業界で経営破綻した大手スクールや塾は全て同じです。

     

    目に見える集客数だけを見ていては、経営課題の真因は見えてこないのです。