自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • 2016年10月25日8:27 AM
    英語教育の成長と弊害

     

    大学入試改革・英語教育改革が進展していく中で、当然のことながら、これから「英会話・英語教育」の市場はさらに成長をしていくことでしょう。

    既に関東圏では、数年前にはあまりみられなかったようなスクール業態が生まれつつあります。

     

    しかし、現在の民間の英会話・英語教育の一部には、「こどもの将来を考えた時、本当にその教育でよいのだろうか?」と、少し心配になってしまうものも少なくありません…。

     

    こども達は「英会話・英語」だけを使って生きていくわけではありません。

     

    これからの人生で様々な言語や学問を活用する必要があるのです。その事実から目を背けて、「英会話さえできれば…」という過度の思い込みによって、極端な教育を行うことは、メリットも多いかと思いますが、デメリットも当然あるのです。

     

    基本的に「教育」というものは素晴らしいものですが、過度に行き過ぎた形になってしまえば、一部弊害が生まれる可能性があるということも知っておくべきかもしれません。

     

    私達、教育事業者の倫理感として、「目の前のこどもの成果」「市場のニーズの有無」だけで、全てを判断することは慎まなければいけないと(自戒も含めて)思います。