自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年12月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    [前日の記事] «
    [翌日の記事]  »
  • セミナー情報

  • 2010年2月22日11:43 PM
    1年後の会社を支えているのは誰?
    CATEGORY: ビジネス全般

     

     

     

     

     

    本日はとある多店舗展開されているスクール様との、

    今後の長期戦略についてのMTGでした。

     

     

    今春の集客は好調のようですし、

    今後のマネジメント面などの改革の方向性もハッキリ見えているのですが、

    ひとつ不安要素があるとすれば、事業部トップ以下の幹部陣でしょうか。

     

     

     

     

     

    スクールビジネスを経営する中で確実に高い壁となるのが、

    経営者の分身となりうる「幹部人材」の育成です。

     

    企業の成長に伴って、単なるマーケティングや運営管理だけではなく、人のマネジメントや新規開校までできるようなバランスの取れた管理職が数多く必要となります。

     

     

    しかし、この域の人材がなかなか育ちにくい…。

    特にマニュアル型の仕組みが強化されている企業や、数字を追わせることに特化した企業ほど人材は育ちません。

     

     

    目の前の数字を追いつつ、いかに将来の幹部人材を育てる環境を用意するかが、破綻した大手スクールと安定経営の一番スクールとの分かれ道になります。

     

     

     

     

     

     

    振り返ってみれば、1~2年前のスクールビジネスアカデミーに参加していただいていた幹部候補の方々は、今ではそれぞれの会社の屋台骨を支える素晴らしい経営幹部に成長され、みなさんドンドン力を発揮されています。

     

     

    1年後の今、あの参加者のみなさんが、ここまで会社の中心人物になるとは、私自身、リアルには想像できていませんでしたが、やはり能力のある人物は適正な環境を用意すれば、様々なキッカケで爆発的な成長を遂げるのだと思います。

     

     

    そういう意味ではスクールビジネスアカデミーも、ひとつのきかっけになれたのかな?と思います。

    (→今はスクール経営サポート倶楽部のVIP版がこれにあたりますね)

     

     

     

     

    みなさんの会社の1年後、

    会社の屋台骨を支えるような経営幹部候補は育っていますでしょうか?