自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2007年6月
    « 5月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    1 / 71234567
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2007年06月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2007年6月30日10:33 PM
    失客率20%の意味すること
    数字というのは残酷なほどに現実を認識させてくれます。  スクール運営側にとっての 「目の前の大多数(80%)のお客様は継続してくれている」    ↓「お客様はまあまあ定着率している」 という曖昧な表現&現状認識に対して、 数字は実態を映し出してくれる上に、ビジネスモデルの欠陥も教えてくれる。  というのも、目の前の大多数が継続してくれていると思っていたとしても、 1ヶ月ごとに2割のお客様が脱退するスクールの場合…。 失客率は20%ということになり、初月入会者100名は1ヵ月後には80名になります。&nbs...
    2007年6月29日11:33 PM
    鉄は打たれて強くなる
    本日、あるお付き合い先の会議の場で交わされた会話。 「私にも何か注意をしてください…。(´・ω・`)」 「えっ? ('A`)」 「最近、全然私に対して注意をしないですよね…?」 「…まあ、そうですね。」 こんな具合に、ある女性スタッフから質問を受けました。 要するに昔はミーティングのたびに、やれ「なぜ予算を聞いていないんだ」だの「そんな説明では相手に伝わらない」だの「手帳の使い方が悪い」だの、小言&注意のオンパレードだったイヌヅカが、最近は別のスタッフに対しては、個別に呼びつけて注意をしたりするくせに、自分に対して全く注意をしないこと...
    2007年6月28日11:59 PM
    リクルートのDNA
    CATEGORY:ビジネス全般
    最近オススメ図書として経営幹部の皆様にご紹介しているのがこの本。 江副 浩正リクルートのDNA―起業家精神とは何か とってもオススメの一冊です。スラスラ読めるというよりも、参考になるフレーズが多すぎて、手帳なしでは読めなかったので、えらく読破まで時間がかかりましたよ…。 この本の中では数多くの納得できる「真理」が出てきているのですが、個人的に特に気に入ったのはこのフレーズ。 「急ぐ仕事は忙しい人に頼む方がいい」 普通に考えれば、「オイオイそんなわけないだろう( ゚Д゚)」と思いますが、色々な企業と色々な人材を見てきた私の経験からも、これは納得な...
    2007年6月27日10:53 PM
    NOVA赤字の理由とこれから
    CATEGORY:異議あり!!
    いろいろとブログ機能をいじっていたら、「読者登録」「ぺた」機能なるものが存在することを気づきました。 また、何やらごあいさつやご質問などを頂いているようでした(今初めてきづいた)(´・ω・`)ありがとうございます~ アクションに対して、かんっぺきにスルーしているという、マナーレスな行為は問題ですが、あんましブログルールも知らない(覚える気がない)ので、ここではお返事&お礼代わりにご質問に答えておこうかと思う今日この頃です。 ちなみにお題はNOVAについて、 「解約金も真っ当に返さず、レッスンの開催も最低限、講師は低賃金。本来ならば儲かって仕方がないはずと...
    2007年6月27日10:38 PM
    スクール業界時流2007・夏
    NOVAの例を持ち出す前から、近年、語学・パソコン・資格・専門学校などスクール業界の各分野の、最大手校であった企業の倒産や苦戦のニュースが報じられることが多くなってきました。 これらのニュースを聞いてスクール業界の市場自体が縮小してしまっているという印象を持たれる方もいらっしゃいますが、 実際には大手校の苦戦を尻目に、過去最高益を出している急成長スクールも存在しているのです。 (ABCクッキングスタジオ、GABA、㈱カルチャーなどは筆頭ですね)  つまりこれらのニュースから読み取れることは、市場の縮小ではなく、明らかに消費者のスクール選びの基準...
    1 / 71234567