自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2007年8月
    « 7月   9月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    2 / 71234567
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2007年08月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2007年8月26日10:56 PM
    佐賀北高校が教えてくれた
    ちょっとタイミングがズレた話題ですが、夏の甲子園「佐賀北高校優勝!」の話題については爽快感をおぼえましたね。(愛工大名電の連続1回戦負け記録更新には苛立ちをおぼえました) 野球留学の「り」の字も感じさせない公立高校&進学校(しかも佐賀県)。それが金に汚れた私立高校をバッタバタと倒していくとは…。 フィナーレも驚きでしたね~。練習試合では一度もなかった相手が決勝…(笑)ところが奇跡の逆転満塁ホームランがとびだしたりして結局勝っちゃったりして。 「赤点をとったら練習参加禁止」 「読書の時間を練習時間内にもうける」 「帰りの飛行機の中で参考書広げてる...
    2007年8月25日10:30 PM
    光と影
    CATEGORY:日々雑感
    昨日触れた華やかなおめでたパーティーの余韻が残る翌日朝に、人生の厳しさ&経営の厳しさを実感できるような経営相談が入ってくる…。さらに、そのまま大阪に戻って後継問題などが紛糾する学校様のご相談…。 今さらながら自分の仕事っていろんな意味ですごいなあと思いました(´・ω・`)なんかスピード感がジェットコースターって感じです。 経営に対する油断とか余裕とかを感じる暇がないです。常に経営という世界の厳しさを感じ続けられます。  <お知らせ♪> スクール向けの最新セミナーのご案内はコチラ!今年のテーマは「長期的に成長を続けるためのスクール戦略の考え方」!...
    2007年8月24日11:21 PM
    ひと区切りと新たなる出発
    CATEGORY:日々雑感
    本日、あとあるスクールさんの●周年パーティーに参加。 とてもステキな会場で岡崎市出身の私などにとっては頭がクラクラ(笑)こんなところに来れるスタッフさんは幸せだなぁ。なんて思いました。 華やかなパーティなのですが、ここまで来るまでの社長の苦労などを考えると、ついつい目頭が熱くなるのがこの手のイベントですし、職業柄、あいかわらずこの手のパーティーでは手放しで喜べないのが現実。 「祇園精舎の鐘の声~」ってな感じで、油断をすればいつ敗者となるかわからない昨今。ここまで企業が伸びているのは喜ばしいことですが、私にとっては 「これからどうするか」「もう一度このパー...
    2007年8月23日11:47 PM
    対話型研修のススメ
    CATEGORY:日々雑感
    本日はとあるスクールさんの月1営業会議に出席。 全国から集まってきた各校の責任者の方の前で、セミナー(研修?)の時間をいただきました。聴講人数はおよそ50人(!)。 テーマが「幸せな人生をおくるために、自分の10年後以降の姿を想像して、今の仕事を考えよう」という、通常今時の若い人があえて考えないようにする&あまり意識しないことを、あえて突っ込むという内容だったので、反応が非常に微妙だったのが残念…。 なんというか夏休み中の花火大会の夜に「宿題やっているか?」と聞かれるかのような雰囲気(笑) 自分の人生と向き合ってもらわないと、ビジネスの世界でのここぞの場...
    2007年8月22日10:32 PM
    スクール会員数の「入退バランス」
    「入退バランス」 スクール経営を語る上で頻繁に私の口から発せられる単語がコレです。 まったく難しい意味ではなく、単純に月謝制のスクールの場合に、 月の入会者数―月の退会者数  の数値が正の値なのか、負の値なのか、そのバランスを表す数値です。 当然この数値がプラスならば、スクールの収益源である在籍生徒数が増えるため、生徒数が増えている&売上がアップしている状況。逆にこれがマイナスならば、生徒が減っている&売上が減りつつある状況。 つまり安定したスクール経営をしていくうえでは、この入退バランスを常にプラスにし続けるくらいの気構えが必要なわ...
    2 / 71234567