自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2007年8月
    « 7月   9月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    6 / 71234567
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2007年08月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2007年8月6日10:03 PM
    2007年版ブランドスクールセミナー
    CATEGORY:日々雑感
    お知らせです♪ 毎年恒例となっている「ブランドスクールセミナー」の2007年版を開催いたします。開催日は東京会場が9月5日(水)、名古屋会場が9月27日(木)になります。 ブランドスクール=今後成長を志向しているスクールさま向けのセミナーで、毎年多数の企業様にご参加いただいているセミナーです。単なる売上アップ策だけが知りたいのではなく、より「本質的なスクールの成長」をお考えの経営者様にピッタリの内容です。 ちなみに今年のメインテーマは先日もチラリと書きましたが、 「長期安定成長スクール」のつくり方 このテーマに挑戦する予定です。 NO...
    2007年8月5日10:39 PM
    ●●周年記念
    CATEGORY:ビジネス全般
    本日はお付き合い先の企業様の5周年パーティーに出席させていただきました。 1年ももたずに廃業にいたる企業が多いビジネスの世界で、5年間安定した実績が残せていることはそれだけですばらしいこと。 ですから企業経営に携わる人間の一人としてこの手のイベントは大好きです。3周年・5周年・7周年・10周年などのそれぞれのイベントはそれ自体がめでたい( ´∀`)  当然のことながら3年以上も経営を続けていて順風満帆なんてことはあり得ません。楽もあれば苦もあり(というか苦の方が多い?)の歴史をくぐりぬけているわけなので、感慨もひとしおです。 案外この手の●周年パーティー...
    2007年8月4日8:54 PM
    賞与ストップ 給与未払い!?
    余命2ヶ月あるのかないのか…。 話題の英会話大手の一角NOVAですが、とうとう一部の情報紙に下記のような状況をすっぱ抜かれてしまいました。(まあ、夕刊フジらしいので情報の真偽は微妙かもしれませんが(笑)、こんな内容を書かれることがそもそも問題だ) 「7月に支払われるはずだった賞与と給与の未払いが発覚」 記事によると、賞与については会社の資金繰りのも関係上、10月まで待ってくれとのお達しがあったとのこと。ここまではある意味普通のケースです。業績が悪かったり、働きが悪かったら賞与が出ないなんて事は、一般の企業において全く不思議ではありません。 しかし、尋常で...
    2007年8月3日10:36 PM
    李下に冠を正さず
    タイトルは中国のことわざ(?)なわけですが、 李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず) 瓜田に履を納れず(かでんにくつをいれず) と並びます。 意味としては、 「スモモが実った木の下で冠を直せば、(その手を頭上に上げる仕草から)スモモ泥棒と思われてしまう、だから疑われるような行動はやめておきなさい」 同様に「瓜畑で履をはきなおしたりすれば、(その手を足下に下げる仕草から)瓜泥棒と思われてしまう、だから疑われるような行動はやめておきなさい」 要するに 「人から疑われるような行動は、その真意はともかくとして慎まなけ...
    2007年8月2日10:43 PM
    原価へのこだわり
    意外かもしれませんがスクール経営において考えるとき、私は「原価」にこだわります。 ちなみにスクール経営において一般的に「原価」として扱われるのは、講座を提供した講師の時給・人件費になります。 この講師の取り分である「原価率」がスクール経営の成否を大きく分けることが多いため、スクールの開業や活性化をする際にトコトンこだわるということです。 一般の業界の方からは考えられないことかもしれませんが、スクール業界においては古くからの商習慣として「売上歩合」をとる会社が多い。 カルチャーセンター業界などに特に多いのですが、つまり、講座の売上のうちの40%~60%をそ...
    6 / 71234567