自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2009年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    1 / 812345678
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2009年01月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2009年1月31日11:33 PM
    モチベーションの源泉
    みなさんが仕事をしていく上でのモチベーションの源となっているのは何でしょうか? 仕事柄、様々なビジネスパーソンを見る機会が多いのですが、一般の人では到底耐えられないような環境や困難なミッションに対しても、非常に前向きにモチベーションを高く維持して仕事に向き合っていく人がたくさんいらっしゃいます。 なぜ、そんなに一生懸命になれるのか? それは人によって様々でしょうが、上記のような方々はほとんどの場合、モチベーションの源泉が「お金」ではないように思います。お金はあくまで結果に対しての報酬でしかなく、それ以外の「何か」に重い価値観をもって働いている人が多いと思います。(...
    2009年1月30日10:10 PM
    シェーンさんが変わった
    表題は別に私の知り合いの外国人ではなく、大手英会話スクールのシェーンさんのことです。 シェーンさんはスクール看板などでは主にイギリス国旗を使うブランド戦略だったのですが、 この春戦線の電車広告ではユニオンジャックはえらく控えめになっております。 たしかに業界の中ではクイーンズイングリッシュに特化して興味を持つ人はそんなに割合としては多くない…。 そういう意味ではこの広告は正解ですが、あとは看板とのブランドイメージの相乗効果が出せるかどうかがポイントでしょうね。 春戦線は各社の広告の工夫が見られるので楽しいですね(・∀・) ...
    2009年1月29日11:14 PM
    人の成長こそが経営の醍醐味
    本日はお付き合い先の企業様の数ヶ月に1度の全社会議に出席しました。全国から校舎の代表者が集まってきています。 表彰式をみていたところ、あるマネージャーの担当校舎が軒並み上位にランクイン。表立って本人の数字には表れないものの、着実に「人材を育てられる人材」が社内に育ち始めていることを実感できてうれしかったです。 その後、会議自体は無事終了し、終了後飲み会へ。 そこでいろいろなスタッフの方々とお話しましたが、スタッフの一人から、 「自分自身この1年で驚くほど変われた(成長できた)ように思います」 「私は今の校舎でなんとしてもMVPを取りたいんです!...
    2009年1月28日8:56 AM
    最新セミナー情報をアップいたしました!
    CATEGORY:日々雑感
    お待たせいたしました! 先日リンクをご案内しました「2009年 スクール経営戦略セミナー」ですが、上記のリンクより実際のダイレクトメールをごらん頂くことができるようにしました。 スクール・教育業向け 2009年経営戦略公開セミナー  ↑PDFでご覧いただけます。 今回のセミナーはスクール業界で安定成長を目指す企業様には ぜひ聞いていただきたい内容です! (普段がそうでないというわけではありませんが、今回は特に重要という意味で(笑)) 昨日書きましたように未だスクール業界では時代の悪影響がハッキリ表れているわけではあ...
    2009年1月27日5:03 PM
    繁盛スクールのバックヤードの秘密
    スクール経営において、退会者数、来校者数、アクセス者数などの諸数値を常に意識することはとても大切です。 その意識を高く持ち続けるためにも「バックヤード演出」というのが、スタッフの意識強化&共有に効果的です。 しかし、多くのスクールでは徐々にバックヤードの数値目標ボードが使われなくなっているのも事実…。売上金額のみ日報などで共有しているケースもあったりします。 でも、こういった売上のもとになる細かな数字を、常に内部のスタッフ全員が意識しているスクールと、おおざっぱな数字を時々しか意識しないスクールでは、現在のような厳しい時代の中では如実に業績に違いが生まれてきます。...
    1 / 812345678