自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2009年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    1 / 71234567
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2009年05月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2009年5月30日11:20 AM
    学習塾の生徒募集戦線 2009年夏
       戦国時代の真っ只中にある学習塾業界。少子化と競争激化の先にみえる未来はいったい何なのでしょうか? それはさておき、不景気の影響で学習塾業界の生徒募集にも変化が起きています。一言で言うと「後倒し」がおきています。 従来の学習塾業界は全体的に「予防」的な発想を主体として、塾側の思惑で、先へ先への塾生募集が主流でした。小6生向けに「中学入学前に対策を!」みたいな講座提案をするなどがわかりやすい例ですね。 しかし、本来は塾業界に限らず消費者が最も動くのは、 「危機感を持ったとき」 なわけです。おっきな地震があったらそ...
    2009年5月30日10:50 AM
    「コンサルタント」という仕事は微妙な価値
    CATEGORY:日々雑感
      みなさまのイメージはどうかわかりませんが、「経営コンサルタント」という職業のイメージは世間的にあまり高くないです(笑) 「何やっているのかよ~わからん(・・;)」 というのが大多数の一般の方々の認識のようでして。 それを痛烈に感じるのが実家の親と話しているとき。話のふしぶしから感じるのが「コンサルタント」という職業を理解しようとも、価値を感じようとも思わず、かなり端の職種と思っている様子(笑) ちなみに過去の要所要所の対応は以下のような感じ。 私が始めてセミナー(講演)をすることになって、それを実家で話したときの反応。&...
    2009年5月29日3:01 PM
    不慣れなGメール
    CATEGORY:日々雑感
      私事ですが弊社のメールソフトが「Gメール」に変更になりました。今までのアウトルックも使えるのですが、会社の方針としてGメールへチェンジ。  このGメール。 携帯電話でチェックできるのがメリットである一方で、不慣れであるがゆえにちょこちょこと失敗しています。 以下のような点で皆様にご迷惑をおかけする可能性がありますm(_ _)m 1.純粋にメールチェックミス不慣れなので「新着メールを読んだけれど返信忘れ」というミスがおこる可能性があります。基本的に私はメールのレスは通常毎日、最悪でも2日あけることがないので、返信がない場合...
    2009年5月28日7:27 PM
    失敗しないスクール経営
    CATEGORY:日々雑感
      更新をご無沙汰しておりました。 特に深い意味があるわけではなく、単純にSBレポートや現在制作中のスクール運営マニュアルなど、原稿かきがたまっていたため、こちらで文章を書く気力が残っていなかっただけです( ̄_ ̄ i)  この数日間には世の中も色々変化し、政治経済の面でも色々なことがありました…。 中日が5割復帰したり、アライバがイバアラで定着したり、ブランコさんが打率3割になったり、ビョンさまが1軍に復帰してきて嫌な気持ちになったり、河原さん復活おめでとうと思ったり、中日が5割に復帰したと思ったらマー君のせいでまた借金になったり…。...
    2009年5月25日10:31 AM
    ある資格スクールの健闘
     スクールビジネスアカデミーの参加企業様の3月締め昨年度の学生数着地をお聞きしたところ、なかなか好調な数字を達成されたとのお返事。 こちらのスクールさんは資格系といっても、専門職系で単価も高いため、業界時流的には難しい局面だったと思われますが、良好な成績を残すことができたそうで、とてもうれしかったです。   時代の流れがどれだけ「資格」に傾いていたとしても、今までどおりの売り方で売れるほど商売は甘くはありません。時流のプラス<時代の厳しさ&消費者の節約志向 といった具合に、アドバンテージ分は帳消しになってしまっているのが今という時代です。&nb...
    1 / 71234567