自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2014年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    1 / 3123
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2014年05月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2014年5月29日6:55 AM
    チラシから卒業するタイミング
    昨日は岐阜へ。 フィットネス、スイミングスクールなど、スポーツ関連のスクール事業を中心に多角化されている企業様のコンサルティングでした。 半数以上の事業が既存店ベースで昨年並みの反響確保&生徒数を伸ばしており、 消費税増税?何それ? (もちろん知っていますが)的な好調さでした。 中でもスイミングスクール部門は立地的には郊外であり、かなり厳しい条件にも関らず、生徒数を増やしているという素晴らしい状況です。 スイミングスクール部門のお話をしている中で「新聞折り込みチラシ」の是非について話が展開しました。 こちらのスイミングスクー...
    2014年5月28日8:11 AM
    学習塾の選び方 ~学年ビリのギャルが云々の書籍を参考に…~
    学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス ¥1,620Amazon.co.jp 引き続きこちらの書籍に関してのお話です。 今回はコチラの書籍からも学べる塾業界の現状と塾の選び方についてです。 ↓以前のエントリーはコチラ 学年ビリのギャルが~慶應 で有名な青藍義塾さんについて  保護者にとってこの書籍を読んだ上で、学習塾選びの参考として知っておいていただきたいのは、 「子ども達は環境さえ揃えば可能性は無限大であり挽回はできる」のに、 現在の学習塾...
    2014年5月27日6:17 AM
    「学年ビリのギャルが~慶應~」で有名な青藍義塾さんの実態について
    CATEGORY:日々雑感
    先日の記事 学年ビリのギャルが~慶應 で有名な青藍義塾さんについて  について続きをご希望の方が多かったので続きです。 やはりベストセラー関連の話ですと興味をもたれる人が多いのでしょうね。  こちらの書籍と青藍義塾さんについては、基本的に好意的に私は考えているのですが、こと経営に関連しても良い点・悪い点双方の学び、気づきを与えてくれますね。  ちなみに皆さんが読む際に大前提として 「これだけ立派な書籍を出版しているから、きっと青藍義塾さんってカリスマ講師による有名な塾なんだろう」 という先入観を持つのは間...
    2014年5月25日6:51 AM
    学年ビリのギャルが~慶應 で有名な青藍義塾さんについて
    CATEGORY:NEWS雑感
    学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス ¥1,620Amazon.co.jp 遅ればせながらやっとこの本読みました(笑) どうしてもタイトルと表紙のイメージで嫌悪感があったので優先順位を落としてしまっていたので・・・。ちなみにこのタイトルでもしフォレスト出版さんだったら絶対に読まなかったです(笑) ちなみに当たり前ですが、主役のギャルのさやかちゃんは今は25歳ですので、この表紙の画像はモデルさんでしょうね。 さて、肝心の中身ですが、まあこれだけベストセラーとしてあげられる...
    2014年5月23日8:44 AM
    相次ぐ学習塾業界の不祥事(みっともない)
    最近、学習塾業界の「常識のなさ」「教育者失格感」を一般の方々に心配されるようなニュースが増えています・・・。 ・大手上場企業の粉飾決算(しかも内部監査の結果、人事部がない、トップダウンの独裁型とかの評価・・・) ・大手塾企業の代表の不適切な出資による退任(ボウ関連ですね) ・合格実績や塾の特徴の過剰表示 ・関東関西で行われているある塾の他塾への言いがかり的な誹謗中傷 などなど・・・。 しかも情けないことに、今年年初の業界誌に掲載された業界のトップ達のインタビュー記事の一定割合が引っかかっているって・・・。 中小塾の方からする...
    1 / 3123