自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2015年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2015年06月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2015年6月24日7:37 AM
    夏期での「単価アップ」施策がスクールの利益率を左右する
        様々なスクール業界のコンサルティングをまたいでいるからわかることですが、 スクール・教室ビジネスと学習塾ビジネスの収益構造の大きな差になるのは、   「夏期などの長期休みの時期の収益化」   だということがわかります。     学習塾業界は「夏期講習」という形で、教育効果的にも、経営的にも重要な意味がある長期レッスンを組み込みます。   また、従来の業界の中心を担ってきた集団指導塾においては、その夏期講習の原価は、従来の正社員の昼間の時間を使うため、 プラスの原価ゼロ!という非常に高効率なス...
    2015年6月19日7:31 AM
    過剰な安売りや返金保証などで失われるモノ
    CATEGORY:異議あり!!
        業界内でYahoo!のトップに出るニュースは珍しいので、 おそらくご興味をもたれている方も多いでしょうからコメントをしておきたいと思います。 色々な問題があるので、具体名は書きません。スクール経営サポート倶楽部の会員様はノリがおわかりいただけると思います。     さて、話の経緯は   「ある企業が広告で打ち出していた『返金保証』について、ある団体からクレームがついた」   という背景だったわけです。   基本的に成果コミット型の広告は時流ですし、有効なのですが、その最上位にあたるのが「返金...
    2015年6月18日7:56 AM
    スクール・学習塾におけるFCやVC契約の問題
        ここ数年、スクール・学習塾企業において、FCやVC関連の契約ご相談が増えてきました。   特に個別指導塾業界が、あれだけの市場規模をFC中心で回っていることが大きな理由です。 また、大学受験などの業界も中心はFC・VCですね。     このFCやVCとの契約についてですが、残念ながらスクールや学習塾業界においては、 本部が収益性を追求するあまり、加盟企業の実態を把握していない段階でのロイヤリティー課金や制度の改悪などが頻発しています。   よくあるパターンとしては、   1.加盟金を高額設定...
    2015年6月13日1:43 PM
    ビリギャル・ライザップから思うこと~出る杭が叩かれるわけではない~
    CATEGORY:NEWS雑感
        最近「ビリギャル」の映画のおかげで、さらに有名になってしまった下記の塾。   「学年ビリのギャルが~慶應~」で有名な青藍義塾さんの実態について   当時は基本的に好意的に書いており、最後に世間やマスコミの踊らされて暴走しないといいな~としめていますが、 最近の状況を見ていると、明らかに踊っておられるように思います(笑)     さらに言えば、当時のWEBサイトはいかにも「中小塾!」という感じだったのですが、 今は急造LP業者に発注して、まるで過去を消そうとするかのように「個人名の塾名」に変更してしまってい...
    2015年6月3日7:33 AM
    スクール企業の成長曲線
        私が教育業のコンサルタントとしてデビューしてから10年以上が経過しました。(その歴史はそのまま船井総研におけるスクールジャンルのコンサルティングの歴史でもあるわけですが)   最近になって昔と比較して違和感を持ち始めたのが、 近年の関係先の企業様の創業時期が私がコンサルタントとしてデビューした以降であるというケースが一定割合あるということです。   これまでは当然のことながら「自分の経験年数」よりもスクールの企業の年数の方が長いというケースが多かったため、少しとまどっています(汗)   上記に関連してスクール企業の創業...