自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2016年3月
    « 2月   4月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’2016年03月’月別アーカイブ内の記事一覧
    2016年3月25日12:48 AM
    英語教育改革によって教育業界はどのように変わるか
      文科省が進めている英語教育改革。   グローバル化という全世界的な流れと産業界側からの要望によって、様々な改革が文科省から打ち出されています。   英語4技能評価など、「まあ当然と言えば当然だよね」と思えるような英語教育改革の基本路線なのですが、 細部を見てみると、   「オイオイ、本当にこれやりきれるの?」   「誰が採点するの?誰が授業するの?」   「絶対に教育現場の実情を理解していないでしょ?」   みたいな、極端な施策が盛り込まれています。   例えば英語の教員に英検〇...
    2016年3月24日11:19 PM
    春の卒業退会に苦しまない塾・スクール経営を目指して
      最近、スクール・学習塾業界の企業にとって、春は決して「うれしい」季節ではなく、むしろ経営的に「マイナス・悲しい」季節になっているように感じます。   その理由はシンプルで小6生・中3生の「卒業退会」が大量に発生するからです。   特に苦しい学習塾の場合、中3生の生徒数比率が40~50%以上のケースがありますので、最も単価の高い学年が大量に退会をすることで、月謝収入が一気に半減してしまうのです。 従来の学習塾業界は、生徒が入室する時期が春中心だったため、その退室分の一定数を春にすぐに補充できました。 しかし、近年の学習塾業界の生徒募集期は夏期講習前...
    2016年3月18日9:37 PM
    英語教育改革への対応こそが今後の経営を大きく左右する
        これからの英会話スクールの経営・学習塾の経営において、非常に重要なのが「英語教育改革」への対応です。   一般的には大学入試改革の方にスポットがあたっていますが、 実際には教育再生3本の矢の「英語教育の抜本的改革」=英語教育改革の方が、既に小中高に大きな影響を出し始めています。 さらには公務員試験を初めとする、各種試験や入試制度でも英語教育改革は進行しています。   主な英語教育改革の中身 2018年から小5からの英語が一部正式教科化 様々な入試試験で民間英語資格の加点評価がスタート 2020年の大学入試改革で4技能評価スタ...
    2016年3月16日9:34 PM
    春戦線の新規反響数の初動について
        3月の中旬になり、スクール業界の新規反響数の反応が良くなってきました。来週からは気温も温かくなりますし、タイミングとしてもバッチリですから、さらに活況となることが予想されます。   ここまでの各社の新規反響数の初動を見る限りでは、今年の景況感としては、 「晴れ時々曇り」というレベルであり、例年と比較して、消費者の動きはまずまず良いように思います。 特に船井総研の顧問コンサルティング先の企業様、勉強会の会員企業様は、   「エビデンス・実績訴求型」の広告活用、   WEB重視、   弟妹&友人紹介重視、 ...