自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年7月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • ホーム > ’スクール業界の時流’カテゴリー内の記事一覧
    2018年5月30日4:09 PM
    スクール・学習塾向け学童保育開設セミナー
      お待たせいたしました。   スクール・学習塾が新たに新規事業として学童保育事業を開設するためのセミナーのご案内が完成いたしました!   2018年7月8日   スクール学習塾向け 教育付学童保育付加セミナー   http://www.funaisoken.co.jp/seminar/033305.html       今回のセミナーでは、既にスクールや学習塾、スイミングスクールなどを運営されている法人様、 また新規事業として学童保育事業の開設を考えられている法人様向けのセミナーで...
    2018年3月29日8:54 AM
    共通テストにおける英語の民間試験活用についての考察
        大学入試センターは、「大学入学共通テスト」の英語で活用する民間試験について、7事業者・計23試験を認定したと発表しました。認定されたのは、国際ビジネスコミュニケーション協会、ベネッセコーポレーション、日本英語検定協会、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、Educational Testing Service、IDP:IELTS Australiaの7事業者ですが、英検は筆記試験の合格者がリスニング試験を受ける従来型のものは認定されず、1日で完結する新方式が認定されました。     いよいよ新大学入試における共通テス...
    2018年1月30日7:47 AM
    【教育関連企業様向け】大学入試改革に対応するために
      「 100名を越えるお客様に御参加頂いた人気セミナーです! 」   いま、30年ぶりの大学入試の改革により、教育市場は大きな転換期を迎えています。特に英語科目の改革は当初の予想をはるかに上回るスケールで改革が進んでいます。 これから数十年の教育企業の浮き沈みは、 この教育改革、特に“英語教育の改革”に乗れるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。   今後英会話スクール・学習塾が行うべき戦略をお伝えする 「英語教育改革対応法セミナー」を今年度も開催いたします。 2018年3月4日(日) 東京 13:00~     合計100名を越える教育関連企業...
    2017年7月28日9:20 AM
    教育業界のリスクマネジメント
        スクール・学習塾業界のいわゆる「教育業界企業」にとって、リスクマネジメントは非常に重要なテーマになっています。   対消費者 対従業員 との法的トラブルが報道され、一気に企業のブランドイメージが損なわれてしまい、結果、業績に大きな影響を及ぼすケースがあるからです。   最悪、事件の内容によっては、廃業にまで至るケースさえあります。     こうした時代背景の中、松田綜合法律事務所様が教育業界向けに「法的トラブル回避」のためのセミナーを開催されるとのことですので、 私もゲスト講師として参加させていただくこ...
    2017年7月24日8:36 AM
    大学入試改革・英語教育改革の教育現場での課題
        2020年の大学入試改革、英語教育改革は、センター試験の移行以来の大改革になりますので、   基本的に 「どのような人材を育てるのか」「教育がどうあるべきなのか」 という理想をベースとして内容を構築している傾向にあります。   まず、理想形のビジョンを確立させ、その上で実行段階において可能な範囲から着手していく…というステップです。     ・・・が、この大学入試改革や英語教育改革の進め方は、教育業界の現場の方からすると批判が多いのも事実です。 ・・・というのも、現状の教育現場の都合や現状ありきで進めて...