自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
    1 / 212
  • セミナー情報

  • ホーム > ’学童保育の開業・運営’カテゴリー内の記事一覧
    2018年5月7日7:00 PM
    学童保育参入セミナー開催!
      民間の学童保育事業の新規開設・開校についてのセミナーを以下の日程で開催いたします。     ①認定こども園・幼稚園向け教育付き学童保育セミナー http://www.funaisoken.co.jp/seminar/031713.html#_ga=2.85075161.1525330961.1525656669-1656553965.1511937633     5月25日(金)東京会場   認定こども園、幼稚園を経営されている法人様向けのセミナーです。 卒園児の預け先としての、教育付き学童保育の開業成功...
    2018年4月15日9:12 PM
    民間学童保育の開設の注意点~公設学童との差別化~
        民間の学童保育事業の開設・開業をしていく上で、絶対に意識しておかなければならないのが、   「既存の公設の学童保育の運営内容」   についてです。   基本的に公設(公営・民営)の学童保育は、既に日本全国のほとんどの学校で開設されています。 そして、小学校からの距離などの利便性、さらには利用料金などについては、民間学童保育では真似ができないレベルのものがほとんどです。   ある意味、児童向けの事業を考える時には、公設の学童保育の存在が中心にあり、 民間の学童保育や習い事教室などは、あくまで、差別化や補完...
    2018年3月26日9:45 AM
    高い教育効果が期待できる学童保育の開業
      これまで民間の学童保育事業の可能性についてお伝えしてきました。   市場の急成長や共働き世帯対応は基本的に「預り」にスポットが当たりますが、 実は学童保育事業、アフタースクール事業は、「教育」要素においても、大きな意味を持つ可能性があります。   これまでスクール・習い事業界においてネックとなっていたのが、   「本当に週1回 1時間程度のレッスンで上達するのか?」   という、こどものレッスン・教育の時間数の問題&限界でした。(もちろん中には週1回で上達して資格も取れる習い事もありますが…)   特にその...
    2018年3月13日7:44 PM
    学習塾の学童保育参入のメリット
        今後、民間学童保育の新規参入が増えていく業界のひとつに「学習塾」業界があります。   学習塾業界が民間学童保育事業に参入する上でのメリットは以下のものが上げられます。   ◆小学生(低学年)の見込み客の囲い込み   ◆幼少期からの学習習慣の定着による、教育効果のアップ   ◆小学生~中学生までのサポートを行うことによるLTVの拡大   ◆学習塾の正社員の15:00~19:00の間の稼働を上げる (講師の兼務)   ◆(地方の学習塾の場合)稼働率が落ちている校舎・教室の有効活用 ...
    2018年3月11日12:52 PM
    民間学童保育の収益性は? 開業する価値は?
        近年、首都圏では民間の学童保育事業の展開が盛んですので、 学童保育事業を新規事業として考える企業様が増えています。     特に幼稚園やこども園にとっては「卒園児の受け入れ」という価値があり、   英会話教室においては「英語イマージョン空間づくり」という価値があり、   学習塾業界においては「見込み客の早期囲い込み」という価値があります。   また、共働き世帯が増えている社会背景を考えれば、社会貢献的な意味もあります。     しかし、上記のような「本業との相乗効果」...
    1 / 212