自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’日々雑感’カテゴリー内の記事一覧
    2016年3月25日12:48 AM
    英語教育改革によって教育業界はどのように変わるか
      文科省が進めている英語教育改革。   グローバル化という全世界的な流れと産業界側からの要望によって、様々な改革が文科省から打ち出されています。   英語4技能評価など、「まあ当然と言えば当然だよね」と思えるような英語教育改革の基本路線なのですが、 細部を見てみると、   「オイオイ、本当にこれやりきれるの?」   「誰が採点するの?誰が授業するの?」   「絶対に教育現場の実情を理解していないでしょ?」   みたいな、極端な施策が盛り込まれています。   例えば英語の教員に英検〇...
    2016年2月22日10:50 PM
    子ども教育に関わる人の覚悟
    CATEGORY:日々雑感
        学習塾や幼児教室など、子どもの教育現場に関わる人たちに意識していただきたいのは、 「技術やレッスン内容を教えること」だけが教育ではないということです。   子ども達にとっては、周囲の大人たちみんなが勉強材料です。 驚くほど周囲の大人たちの行動や考え方を見ています。   だからこそ、どれだけ「理想の大人の背中」を行動や態度で見せてあげられるかどうかも重要な教育要素になります。   子ども教育に関わる人たちが、最低限の社会人マナーも守れないようでは、そもそも子どもたちの先生失格だと思います。 (例:人の話を聞かない、自...
    2016年1月26日9:29 PM
    ブログの更新頻度について
    CATEGORY:日々雑感
        約十年前から続けているブログの更新が、昨年中はかなり滞っていました・・・   スクール業界・学習塾業界・教育業界に関連して、色々と動きがあるわけですから、あーだこーだと色々書きたいという欲求がある一方で、 同時に   忙しい! (毎週メルマガ、毎月業界レポート、社内向けのレポートなど原稿活動多数・・・)   会社の立場上、あんまり過激な発言はできない・・・   という大人の事情で、更新ができないのですよね(苦笑)   まあ、あと家で朝更新していると愛息がアタックしてくるという問題もあります...
    2015年7月8日10:11 AM
    失敗しないスクール開業・教室開業
    CATEGORY:日々雑感
        伝統的にカルチャースクール、教室、習い事ビジネス業界においては新規開業が盛んです。   新規参入をされた創業間もない企業が急成長をとげて業界のリーディングカンパニーとなったり、 一方で個人教室のまま地域に根付いた地域一番のブランドスクールとなり長年安定経営を続けるケースもあります。   近年では、ダンス教室・ダンススタジオのようにブームが起こり、急速に新規開業が増えた業界もあります。 しかし、上記のような華やかな新規業界の成功事例がある一方で、開業しても自分の想像した数の生徒が集まらず、 赤字が続き、事業の継続が困難になってしま...
    2015年4月30日7:12 AM
    スクール経営に大切な5月のスタートダッシュ
    CATEGORY:日々雑感
      今回は5月の動き方についてです。   3月、4月と比較して5月は「生徒が動きにくい」時期と思われがちです。   しかし、実際に各スクールの動向を見ていると、5月は生徒が動きにくいわけではなく、   1)GWが存在することによって稼動日が少ない2)スクール側が販促活動を行わないため消費者が動きづらい3)生徒募集のキャンペーンの期限を4月末までにしてしまっている   というスクール側の都合が原因だといえます。   事実、5月・6月に販促活動や内部紹介を強化しているスクールや塾においては、5月は日付分減少しますが、...