自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • ホーム > ’社会人成長マニュアル’カテゴリー内の記事一覧
    2014年12月8日8:59 AM
    社会人・組織人として大切なのは不調・苦手局面で成果を出すこと
      最近の若手社員と話をしているときにしばしば聞く「できないいいわけ」。     「ここ1週間体調が悪いからできませんでした」   「この仕事は苦手なので本調子が出せませんでした」   「家族との関係が上手くいっていないので顔に出てしまいました」   「●●さんと一緒なので本気になれませんでした」   こんなパターンです。   要するに「自分は本調子のときや、得意な局面ではもっと良い成果が出せるんですよ!」 「今回ダメだったのは環境が悪かったせいですよ!」   といいたい...
    2014年11月7日12:48 AM
    夜型仕事は自分を被害者に、朝型仕事は自分を頑張り屋にしてくれる
        本日は西日本である企業様の社員研修。   未来の管理職・幹部候補となるであろう、若手メンバーを対象にしていましたが、その中のメンバーが「夜遅くまで毎日頑張っている」と言っていたので、その頑張りは最大限認めつつも、今後は「朝型生活」をおススメしました。 (ただ、かくいう私も入社2年目のときは、完全に夜型生活で会社から出たあと、朝●時くらいまで喫茶店で作業していたりしましたが・・・)   「夜遅くまで仕事する」と「朝早く起きて仕事する」には、周囲の見方、自分の意識の持ち方、生産性など様々な点で大きな違いが生まれます。   ...
    2013年11月20日7:18 AM
    一流のビジネスパーソンの仕事テクニックは学びにはなるが、成長中の若手社員にとっては毒にもなる
      様々な仕事術についての書籍が発行され、研修なども行われている現在。 日経ビジネスアソシエなどの雑誌は、まさに一流のビジネスパーソンの仕事術の見本市になっていますので、おおいに刺激になります。  しかし、こうした「一流の人たち」の仕事術やテクニックが、逆に新人の成長にとって有害になっているケースが見られるので、ここで書いておきたいと思います。  例:一流のビジネスパーソンがおススメするビジネス書を買って読んだら難しくて眠くなった・・・→ビジネス書が苦手になる、自分には向いていないとカンチガイ、頭に入ってないのに読んだことで...
    2013年2月18日11:35 PM
    ビジネスパーソンが学ぶべき教養1位は・・・
    日経調べで「ビジネスパーソン1000人に聞く、今身につけるべき知るべき教養」を調査されたそうです。(アソシエさんの企画みたいですね)ちなみに1000人の中で世代はちっているみたいですが経営層が3割と結構な比率で入っています。 その結果は・・・ 1位:日本史全般2位:経済学3位:日本文化4位:世界史全般5位:現代文学全般6位:経営学7位:英語 だそうです。 なかなかに深い調査結果になっているように思います。自分の感覚としても、かなりこれに近いかな・・・。 面白いもので経済学>経営学であり、日本史>世界史であり、日本関連>英語 ということが出ていま...
    2012年12月30日9:32 AM
    ビジネスの世界で無礼講って本当にあるの?
      この年末に船井総研の片山GMの書籍を読みました。 30代リーダーが使いこなす 部下を大きく成長させる100の言葉 (DO BOOKS)/同文館出版  ¥1,470 Amazon.co.jp   ・・・なんというか、この言い切りが清清しい(・・;)  おそらく30代・40代の管理職にとっては 「よくぞここまで言い切ってくれた!」 と思える内容になっています(笑)  自律型の会社作りをするためには、このレベルでの社員の規律が大切といえます。  この内容自体...