自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • 2015年5月18日9:41 AM
    習い事代の補助金事業が南房総市で開始
    CATEGORY: NEWS雑感

     

     

    千葉県南房総市は6月から、学習塾や習い事、スポーツ教室など学校外教育を受ける全ての小学5、6年生を対象に、

    世帯所得に応じて1人あたり7000~1000円の月謝を補助する事業を始めると発表しました。

    補助するのは法人か1年以上の実績を持つ個人事業主などが開く塾や教室の月謝。

    学習塾やピアノ、書道、そろばん、パソコンなどの習い事、野球、水泳、武道、ダンスといったスポーツ教室。市が「塾利用助成券」を発行し、助成するとのことです。

     

    低所得家庭に限った補助は大阪市が実施していますが、全家庭を対象とするのは全国で初めての試みです。

     

    上記のニュース。

    当然、スクール教育業界の人間からすると喜ばしいことなのですが。

     

     

    この試み、色々な狙いがあると思いますが、果たしてどこまでの効果があるのでしょうか。

    この金額でわざわざ引っ越してくる人はいないでしょうが、流出者を減らすのには一定の効果はあるかもしれません。

    ただ、学習塾の費用などに回すのであれば、そもそも公教育の方の品質をいじった方が・・・と思わないでもありません。

     

    当然のことながら事業者側はメリットが多いですね。

    デメリットとしては本来、そのスクールに来るべきでない客層が増えてしまって、教室のイメージが損なわれるなどの可能性でしょうか。

     

    こうした取り組みは珍しいので少し取り上げてみました。

     

     

     

    2015年4月30日7:12 AM
    スクール経営に大切な5月のスタートダッシュ
    CATEGORY: 日々雑感

     

    今回は5月の動き方についてです。

     

    3月、4月と比較して5月は「生徒が動きにくい」時期と思われがちです。

     

    しかし、実際に各スクールの動向を見ていると、5月は生徒が動きにくいわけではなく、

     

    1)GWが存在することによって稼動日が少ない
    2)スクール側が販促活動を行わないため消費者が動きづらい
    3)生徒募集のキャンペーンの期限を4月末までにしてしまっている

     

    というスクール側の都合が原因だといえます。

     

    事実、5月・6月に販促活動や内部紹介を強化しているスクールや塾においては、5月は日付分減少しますが、6月は4月と同等の反響数を獲得できているケースもあります。

     

    5月・6月入学の方の声を聞くと、3月・4月は入学準備や年度替り、お花見、引越しなどのイベントでバタバタしていて、それどころではない。5月、6月になってやっと新生活に慣れて新しいことが始められる…そんな声も多いのです。

     

    そのため、この5月・6月戦線で大切なのは「スクール側の思い込み」を無くす!ことなのです。

     

    5月のGW明けにしっかりと販促活動を行うことで、確実に生徒は動きます。

     

    しかし、5月にも大々的に販促費用を使っての募集はしづらいのも事実でしょうから、大切なのは、

     

    1)WEBサイトや看板告知に「5・6月生募集」をしっかり打ち出す
    2)同様に「4月末までのキャンペーン告知」などの4月色は即座に消す
    3)紹介・ポスティング・校門配布など費用対効果を重視したピンポイント販促活動を中心に行う

     

    この3点です。

    ぜひ、今からGW明けの準備をしていただけたらと思います。

     

     

    ● 2015年 子ども向け教室経営戦略セミナー受付中 ●
    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315456.html

     

    img_seminar_315456_01

     

     

    【東京会場】 2015年5月17日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
    (株)船井総合研究所 東京本社
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
    JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

    ▼まずは無料小冊子をご覧ください

     

    img_seminar_315456_05

    http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_315456_01.pdf

     

     

    2015年4月23日11:11 PM
    2015年子ども向け教室経営戦略セミナー
    CATEGORY: 日々雑感

     

    今年、最初のセミナーのご案内です。

     

     

    ● 2015年 子ども向け教室経営戦略セミナー受付中 ●
    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315456.html

     

    img_seminar_315456_01

     

     

    【東京会場】 2015年5月17日(日) 13:00~17:00(受付12:30~)
    (株)船井総合研究所 東京本社
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
    JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

    ▼まずは無料小冊子をご覧ください

     

    img_seminar_315456_05

    http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_315456_01.pdf

     

     

    ▼当日お話させていただく内容

     

    ●キッズスクール最新生徒募集テクニック!
    1)地域内で「クチコミ」が広まり、広告なしでも継続的に生徒が集まる方法
    2)新聞折込チラシを使わず、生徒獲得コスト1万円以下で生徒を集める方法
    など、「最新の生徒募集手法」に焦点をあてて聞いていただけたと思います。

    *1教室400名のスクールが行っているクチコミノウハウ
    *反響の出るHP・WEBマーケティング成功事例
    *ほとんど販促費をかけることなく月5~10件の反響を獲得するローコスト販促
    *紹介からさらに紹介を発生させるクチコミ連鎖
    *即時効果!弟妹獲得をするための最新テクニック
    *校門前配布・マンションポスティングはここまで進んだ!最新ノウハウ
    *一流企業の経営数値(在籍期間・クチコミ発生率・弟妹通学率など)

     

    ●坪効率を最大化&集客を増加させる複合型キッズカルチャーモデル!

    *1業種・1講座を増やすためのノウハウ・ポイント
    *船井総研がお勧めする新規キッズ向け商材大公開
    *新規開講半年で生徒数+50名の秘密
    *複数受講率UPのためのテクニック
    *これだけ注意!複合型における販促のポイント
    *集客商品から高単価商品への誘導ノウハウ
    *複合型の新規商材付加の適正タイミング&適正商材
    *複合型スクールで月商200万円以上を実現するためのポイント
    *平均在籍期間をあげるための商材の選び方

     

    ▼講座内容▼

    【第1講座】 子ども向けスクール業界の時流
    <講師>株式会社 船井総合研究所 チームリーダー 犬塚 義人
    【第2講座】 <ゲスト講演> キッズカルチャーモデル成功までの軌跡
    <講師>夢見る 株式会社 代表取締役 重見 彰則氏
    【第3講座】 子ども向けスクール新規入会獲得のためのマーケティング手法
    <講師>株式会社 船井総合研究所 北村 拓也
    【まとめ講座】 本日のまとめ
    <講師>株式会社 船井総合研究所 チームリーダー 犬塚 義人
    【無料経営相談】
    <講師>講師一同

     

     

    2015年4月23日10:25 PM
    スクール経営に欠かせない企業としての成長力と展開力

     

    最近、関係先の企業様の中で、30代・40代の経営者様・経営幹部様がいらっしゃる企業において私が意識しているのが、目の前の業績+「企業としての成長力・展開力」です。
    ある意味会社としての成長ポテンシャルといってもよいでしょう。

     

    人口減少の影響が大きいスクール・教育業界においては、目の前の業績の良さが、未来の経営の安定を保証するものにはなりません。
    業績の好調さが長続きしない、またモチベーション高い若手スタッフが加齢する中で、年収面の問題を抱えて離職してしまう…など、

    スクール経営を長期安定していくためには色々な課題を乗り越えていかなければなりません。

     

    その課題克服のために重要なのは、目の前の業績と合わせて「会社としての成長力・展開力」を高めることなのです。

     

    5月に開催される子ども向け教室経営戦略セミナーのゲスト講師である夢見る株式会社さんも同様です。

    既に私が直接コンサルティングする前の段階で、この会社様は単一のビジネスモデル、スクールモデルとしては、非常に良い品質で、最終的には黒字化が見えている状況でした。

    しかし、企業としての成長力・展開力として考えると、従来の事業は、固定費や直接原価、人の依存度が多いビジネスモデルであったため、

    その後の拡大展開に課題が大きかったわけです。

     

    そこで、企業が拡大成長するための新たなビジネスモデルに着手していただいた…ということです。

     

    ぜひ、皆様のスクール経営においても、目の前の業績に加えて、自社の成長可能性、展開可能性に意識を向けていただけたらと思います。

     

    img_seminar_315456_01

     

    http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315456.html

     

     

    2015年4月11日6:14 PM
    新「商品」=新講座の付加という生き残り策

     

    近年、スクール業界において重要な戦略になっているのが、「商品の付加」、つまり新講座を開設することによる、客単価のアップ、新たな客層の獲得戦略です。

     

    大手の音楽教室による英会話教室の付加、スイミングスクールによるダンス教室の付加、学習塾による英会話教室の付加など、例をあげればキリがありません。

     

    子ども向けのスクールビジネスに携わる企業にとって避けることができない「少子化」=市場のパイの縮小に対応するためには、

    既存の「シェア」を拡大するだけでは業績を横ばい、もしくは微増にするのが精一杯であるため、企業成長のために新たな商品を投入することで、売上や利益の拡大を目指わけです。
    少子化が進行する中で、いたづらに拠点展開をしても、最終的には全ての拠点が市場縮小による採算割れという危険もあるため、商品の付加戦略は非常に正しい戦略のひとつだといえます。

     

    理想を言えば、少子化の影響を受けない「社会人・シニア」向けのスクールビジネスを付加することができればベストなのですが、

    こちらはターゲット客層が大きく変化し、集客の手法も変化するため、まだ主流になっていません。

     

    上記のように経営戦略としては非常に正しい「商品の付加」=新講座の導入ですが、スクール業界においては、新商品の投入によって利益率が大幅に改善されるスクールと、

    新商品の投入が全く成果につながらず、生徒数が微増する程度でとどまってしまうスクールに大きく分かれてしまっているのが現実です。

     

    新商品の付加に失敗しているスクールは以下のパターンに陥っています…。

     

    ・結局、新商品の生徒が集まらずお荷物状態になってしまっている
    ・新商品と既存講座の相乗効果が全く活かされず、経営効率が上がっていない
    ・新商品の生徒が集まっていても、ロイヤリティなどの負担が多く利益につながっていない
    ・新商品の運営を維持するための間接コストが大きく、会社の利益になっていない

     

    今後のスクール経営戦略においては、新商品の付加を成功させる経営術が非常に重要になります。

     

    上記のような失敗パターンに陥ることなく、新商品の付加を確実に成功させられる社内体制づくりを意識していただけたらと思います。