自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

  • 2014年4月7日9:12 PM
    スクールビジネスレポート4月版がアップされました
    CATEGORY: 日々雑感

    スクール経営サポート倶楽部と私のコンサルティング先の企業様に配信させていただいております、毎月A4 十数枚の経営レポートである「SB(スクールビジネス)レポート」。

     

    こちらのSBレポートの一部(数枚)をスクール経営.com内で公開しております。

     

    http://www.school-keiei.com/schoolkeiei/column/sbreport/

     

    抜粋版ということですので、数枚ですがご興味がある方は、登録をしていただくと、レポートの内容の全文を読むことが可能になっています。

     

    今回WEBサイト上で閲覧可能なのは

     

    必読! 消費者の動きが鈍る4月からのスクールマーケティング施策!

     

    【再掲】新入社員にまず必要なのは「お金の常識」である

     

    イベントマーケティングの功罪~ただ集めるだけではスタッフは疲弊する~

     

    4月からはパソコン教室ならではの“不景気対策”の商品開発が重要!

     

    退塾率の増加・転塾の増加対策~今塾の現場で何が起こっているのか~

     

    の5つの記事です!

     

    SBレポートを毎月完全版で購読をご希望の方は、スクール経営サポート倶楽部にご入会がおススメです!

    http://www.funaisoken.co.jp/site/study/100583.html

     

    2014年4月6日8:09 AM
    春戦線もちょっと休憩気味の花冷えですが
    CATEGORY: 日々雑感

    街中の風景は桜が咲き乱れて春模様ですね。

     

    ただ、入学式、入園式、始業式が重なるこの時期はスクール業界にとっては「花冷え」の週間でもあります。

     

    ・・・まあ、普通に考えればわかりますが、保護者も子ども達はバタバタしていますので、

    スクール通いを始めよう!という気分にはなりにくいのですよね。

     

    実際に反響として出てくるのは4月の14日の週~でしょうか。

    ただ、そこからすぐにGWになってしまうので、なかなか難しい時期なのですよね。

     

    ただ、だからといってこの時期に販促活動を弱めると、間違いなく5月以降の落ち着いた季節に悪い反動があります。

     

    反響が出にくい時期であるのも事実だけど、

    販促活動をしっかりやりきる!

     

    といったスタンスが大切です。

     

    子供向けの習い事のチラシや販促物は、手元に残しておいてくれる期間が非常に長いです。

     

    だからこそ、販促は決してムダにはならないのです。

     

    ・・・ただ、キャンペーンが4月中までになってたりすると、5月に取りこぼしがでるので、

    WEBサイト上などで、キャンペーン延長!などの案内をしておく準備はしましょう。

     

    花冷え期間に惑わされることなく、行動のベースはしっかりとしていきましょう!

     

    2014年4月1日8:06 AM
    パソコン教室アビバ(リンクアカデミー)に行政処分・・・

    最近、スクール業界は健全化が進み、こうしたニュースはなくなり始めてたのですが、メルマガでも取り上げましたようにこんなニュースが出てきております。

     

    パソコン教室アビバに行政処分 強引な勧誘や退会に応じないなど

     

    消費者庁のリリースはコチラ

    http://www.caa.go.jp/trade/pdf/140327kouhyou_1.pdf

     

    消費者庁の関連ページを見ていただければおわかりになると思いますが、こうした行政処分を受けて、わざわざ年間の一覧に掲載される企業ってそれほど多くはありません。

     

    http://www.caa.go.jp/trade/

     

    確かに事例を見る限りでは、結構悪質な体制だったようです。

     

    学習塾業界でも昨年からありましたように、最近はスクール教育業界らしからぬ、数字至上主義の流れが顕在化してしまっているように思います・・・。

     

    ちなみに異業種の企業がスクール企業を買収したときなどに、よくこういう現象が起きるのですよね…。

    他業界からすれば、スクール業界の営業体制はかなり「ゆるい」ので。

     

    だからこそ、営業体制を強化すれば、確実に短期的に売上は上がります。

    しかし、行き過ぎると・・・というわけです。

     

    上記のようなニュースが出ると、よく私の関係先のスタッフの方々が、通常の営業活動で萎縮してしまうのですが、しっかりとリリースに書かれている事例を見ておいていただけたらと思います。

     

    今の業界でこんな勧誘体制やっているところないですから

     

    みなさんのスクールはまず間違いなく大丈夫です!

     

    2014年3月31日10:22 AM
    ベネッセコーポレーションが新体制に
    CATEGORY: NEWS雑感

    教育業界に関するニュースとして大きいのは、

     

    代表取締役会長兼、社長に原田氏が就任されるということでしょうか。

     

    6月に正式決定だそうですが。

     

    私としてはマクドナルドの再生を果たした原田氏の手腕はすばらしいと思いますし、

    書籍で書かれている内容についても、妥当性の高い内容が多いと思っています。

     

    ただ、いざベネッセコーポレーションに入ってどうなるか・・・というと手放しで大丈夫だ!とは思えません。

     

    少なくともマクドナルドの再生局面においては、「基本の徹底」が必要な時期であり、それで業績を上げることができたのも事実です。

    ただ、今の日本のような市場縮小化の社会の中で、次の一手をどうするのか?という未来戦略までは原田氏は打ち出すことがありませんでした。

     

    現実に、いまベネッセコーポレーションが直面している課題というのは、こどもちゃれんじや進研ゼミに関して言えば、まさにこの市場縮小局面であって、これをなんとかするのは並大抵の努力では難しいのです。

     

    しかし、現状のベネッセコーポレーションの内部事情が、市場云々ではなく、様々な「当たり前」の不徹底が原因での苦戦であれば、劇的に業績は回復する可能性があると思います。

     

    つまりは、今回の人事がどうなるかというのは原田氏が解決しようとするテーマ次第かなと思うわけです。

     

    元々、子供向け通信教育という市場自体が、商品力で考えれば生授業と比較して、圧倒的に弱いのも事実。これからこの業界勢力図が変化するほどのインパクトが生まれるのか、それとも・・・

     

    個人的には原田さんは大好きなのですが、見守りたいところですね。

     

    2014年3月27日9:23 AM
    なんでも教材導入すればいいってものじゃない

    多くの一般消費者の方が感じていることだと思うのですが、

     

    「最近の学習塾って何か色々とわけのわかんない教育商材導入してない?」

     

    という現実があります。

     

    企業側の都合としては、低年齢のうちから教育効果のある教材を取り入れて、将来の塾生の学力の基礎を育てておきたい&見込み客として確保しておきたいという思惑があるわけです。

     

    コレ自体は決して、消費者にとっては嫌な問題ではなく、早期に学力の基礎が高められれば、それはベストだといえます。

     

    ただ、現状の学習塾業界において一部の企業で大きな問題になるのは、

     

    「その教材って本当に良いモノだと確信持ってないですよね?」

     

    という商材を導入して、販売しているという事実です。

     

    正味の話、教育効果の是非というのは短期で分かるものではありません。

     

    だから、ここでどの商材が○で×とかをココで断罪する気はないし、私にその権利はありません。

     

    でも、「その企業の社員が自分の子どもを習わせたいと思っていないような商材」を販売しているのは正直なところどうかと思うわけですよ・・・

     

    そりゃ企業側としては、導入コストが低くて楽なものを導入したいという気持ちはわかります。

     

    でも、大手企業の学習塾というのは「あの塾が扱っているからきっと安心!」という消費者からの期待もあるわけです。そういったブランドとそれにともなった振る舞いを期待されているのです。

     

    しかし、現実は・・・・

     

    自社のブランドを傷つけるのは他人ではなく、自身の行いなのではないでしょうか?

     

    学習塾向け 英会話モデル付加セミナー

     

    学習塾が「英会話教室」を開講して生徒数を+100名にする学習塾向け英会話教室の成功のための具体的手法を大公開!

    低学年の見込み客層獲得&塾とのダブル受講獲得が可能になる「成功する英会話教室」を開講するノウハウをお伝えします!

     

    学習塾 英会話開講

     

    /s-inuduka/inuduka1116/wp-content/uploads/ameimport/blog_import_53885b05a3f4a.jpg

    4月27日(日) 東京会場 13:00~

     

    【講座内容】

     

    ●たった3ヶ月で50名の外部小学生を集める学習塾併設の英会話教室の新規開校チラシ 

    ●生徒数200名、さらには300名の超繁盛英会話教室をつくりだす立地選定&広告演出術 

    ●小5、小6、中1、中2、中3 各学年が4月時点で20名確保できる低学年スクール運営術 

    ●スクール&学習塾の専門家が明かす“学習塾の子ども英会話”教室の理想的な経営指標一覧 

    ●生徒数100名突破が当たり前になる“理想の英会話教室”モデルのビジネスモデル構造! 

    ●学習塾併設型の英会話教室でチラシなしで新規反響を年間50件以上獲得する看板・その他販促手法 

    ●「4月限定生徒募集」や「詳細なレベル分け編成」。要注意の英会話教室運営法とは? 

    ●英会話教室ビジネス最大のネック“外国人講師の採用・定着”問題はこれで解決!

    ●英会話に限らず“小三”以下生徒を集める“幼児・子供向けスクール”開業の成功ポイント

    ●小4~中3の塾生がダブル受講をする英会話教室運営の方法