自己紹介
  • 自己紹介


    船井総合研究所における、パソコンスクール・カルチャースクール・資格スクール業専門のコンサルタント。船井総研内のスクール・教育業分野のコンサルティ ングチーム「スクール・教育ビジネスチーム」のチームリーダーをつとめる。パソコン教室業界の各フランチャイズや各企業における講演・コンサルティング実績多数。 WEB、雑誌広告、イベント等を融合して一気に集客・売上アップする手法は、支援先企業に高い評価を得ており、そのノウハウと情報量はトップクラス。また、人材育成において、2代目経営者育成、経営幹部・教室長の育成には絶対の自信を持っており、今まで、数々のスクールの人材を育ててきた実績を持つ。
  • 最近の記事一覧

  • ブログカテゴリ一覧

  • 最近の記事一覧
    ブログカテゴリ一覧
    カレンダー
    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    アーカイブ
  • 月別アーカイブ

  • RSS
  • セミナー情報

    スクール経営.com

  • 2007年3月8日12:46 AM
    敗軍の将=猿橋、兵を語る
    CATEGORY: 異議あり!!

    日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」のコーナーに、 

    NOVAの猿橋社長が記事を掲載しています。 

    ざっと読んでみましたが…。 

    なぜNOVAがこうなってしまったのかよくわかります。 

    トップがこんなレベルでは…(;´Д`) 

    記事の内容は、ほぼ全て返還金ルールの正当性を訴えるもの。 

    反省の色はあまり見受けられません。 

    こんな自己弁護に等しい記事をこの時期に掲載するなんて、 

    日経BP社の気が知れません。 

    (おそらくNOVAが日経関連の大口スポンサーだからでしょうが…) 

    返還金ルールに執着するのではなく、 

    なぜ入会した人達が大勢途中退会をするのかを考えるべきなのですけどね。 

    最後に社長自ら未来の事業展開のイメージを語っていますが、 

    それもかんっぺきにピンと外れ。 

    最近のNOVA新CMのコンセプトである「NOVA友」の目指す意味はわかりましたが、市場のニーズを読み違えています。 

    この程度の企業がここまで大規模になったことからも、 

    いかにバブル前後のスクールビジネスが楽だったかがうかがい知れます。 

    大変不快な気持ちにさせられた記事でありました(笑)