2017年3月13日

民泊の波にどう乗るか

執筆:吉見智裕   未分類

民泊の波に設計事務所が乗るためには

既存の建物を民泊化するか、

新築で民泊対応できる建物を建てるかになります。

設計事務所としては、後者を狙いたいものです。

最近、一棟まるまる民泊として用いるマンションができ始めています。

ここが狙い目です。

しかし、単に民泊専用として建ててはいけません。

厳密にいうと、旅館業法の簡易宿所に準じた基準で建てるのです。

これにより、民泊需要が過ぎてしまった後でも、

賃貸マンションとして転換すれば十分に活用できます。

両方に対応できる設計ができるという設計事務所の強みを活かした提案をしてみましょう。