2017年4月3日

創業者精神

執筆:吉見智裕   未分類

さて、本日は街中でスーツ姿の若者の姿を多く見かけたのではないでしょうか。

弊社船井総研も入社式でした。

私も入社してからしばらく時間が経ちました。

初心に返ろうと、入社時に受けた研修ノートを少し見返しておりました。

開いたページには

「創業者は何を思い、何を目指したのか」

「創業の苦労や苦しみが忘れ去られたときに風化が起こってしまう」

と書いてありました。

創業からしばらく経った中小設計事務所において、創業者の想いは継承されているでしょうか。

企業の風化が起こってしまわないためにも、経営計画書に盛り込んだりクレドをつくったりして、

目に見える形で創業者の想いは伝え続けておきたいものです。

ちなみに、船井総研の創業者精神は

「よく働き、よく稼ぎ、よく学び、よく考え、世のため人のために尽くそう」

です。