空き家の相談内容について

空き家問題を真剣に考える船井総研コンサルタントのブログ

日本の空き家率が過去最高の13.5%となり、遂に少子高齢化と並ぶ、日本の社会問題となりました。この空き家問題を解決するべく、真剣(マジ)に空き家問題を考え、シェアハウスへの活用を勧め世の中の空き家問題を解消したい!そのための情報発信源となれることを願いながら。時々ラーメン食べます(笑)

2017年8月7日 23:00

空き家の相談内容について

空き家問題

お久しぶりです。

 

船井総合研究所の川崎です。

 

普段のコンサルティングのクライアント様へ

伺うと、空き家活用について質問されることが多くなりました。

 

 

よくある質問

①活用と言っても何にしたら良いのか?

②空き家ってどうやって見つければ良いのか?

③見つけたとしてもそのあとどうすれば良いのか?

 

上記3点がよく聞かれる質問です。

 

 

空き家活用の流れとしては

まず、空き家の発掘が必要になります。

そもそも使える空き家と使えない空き家があります。

使えない空き家は、物理的に修復したところで費用がかさむ場合や

相続未完了などです。

 

使える空き家を発掘してもその後

所有者の気持ちが問題になってきます。。

⇒これが日本各地に空き家が増える理由のNo.1

しかも空き家所有者にコンタクトを取ることも実際は難しいです。

 

その後、空き家活用のための説得に入ります。

 

その時の説得方法はセグメント分けし、様々ありますが、

土地活用のように、収益性を推してもあまり刺さらないのが実情です。

 

 

①の質問の空き家をどう活用するかは

発掘しコンタクトを取り説得した後に考えるべきことでもあるので

とりあえず現状は発掘することが最大の関門かと思います。

 

まずは、どこに空き家があるかを知る必要があるかもしれませんね!

 

 

 

 

川崎