船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ » 葬儀経営 コンサルティング現場より

2015年6月28日 9:15 PM   カテゴリ: 葬儀社 マーケティング, 葬儀経営 コンサルティング現場より     

こんにちは。光田です。

 

最近、ご支援先では新規出店の話がめっぽう多いです。

(現在、7社の葬儀社で新規出店案件に関わらせて頂いてます)

 

しかし、そんな攻めの話の中、

忘れてはならないのが「アフター活動」です。

 

「新規出店を行って、新店エリアで業績が上がっている。

しかし、元々あった足元エリアでは業績が下がってしまった。」

 

それでは、元も子もありません。

 

そう。

 

貴方が出店を考えていると同様に、競合の葬儀社も出店を考えているということです。

そして、虎視眈々と貴方のエリアを狙っているかもしれないのです。

 

ちなみに、私が出店に携わらせて頂く際に、チェックするポイントの一つとして、

競合にアフター活動に力を入れている葬儀社があるかどうか、を細かく見ます。

 

なぜか。

 

そうです。

アフター活動の徹底を行っている葬儀社からはシェアが奪いづらい。

 

営業や販促を行っても

「私の家は○○葬儀社にいつも頼んでるから」

と言われて断られてしまいます。

 

そして、そのように支持される葬儀社は口コミ普及率が高い。

 

つまり、競合他社にシェアを奪われなくするためには、

販促や営業活動よりも、アフター活動に力をいれることが重要なのです。

※当たり前のことを、繰り替えしお伝えし恐縮ですが。

 

今回は、「いかにアフターが重要か」をお伝えさせて頂きましたが、

次回のブログはアフター活動を徹底する方法 をお伝えします。

 

皆さまもご承知の通り、アフター活動を始めるのに、新規の投資も必要ありません。

 

もし今の仕事で手一杯という話であれば、

少しスタッフのオペレーションを変える必要はあるかもしれませんが、

それだけで業績を維持・向上することができるのです。

 

具体的にそんな事例をお伝えしたいと思います。

 

それではまた。




[前日の記事] «

[翌日の記事] 

2015年3月7日 9:50 AM   カテゴリ: 葬儀経営 コンサルティング現場より      Tags:

こんにちは。光田です。

私はコンサルティングを行う上で大義名分を大切にしています。

 

たとえば、感謝祭などのイベントをする理由もただ単純に開催して

会員入会数を目的とするのではなく、地域の方々にしっかりと感謝の気持ちを伝えること。

 

そのためにどれだけ感謝の気持ちを伝えることのできるイベントにするかを徹底して考えます。

※当然、慈善事業ではないので会員入会も大切です。

 

葬儀に関してもそうです。

「あなたの会社を通して何を伝えたいのか」を徹底的に考え抜いて

その中でサプライズの演出があるかどうか。

 

ただ、サプライズをするだけならどこの会社だって出来ます。

 

その大義が、あなたの会社の独自性をうむのです。

 

そんな大義を明確にすることで、

町や教育委員会を巻き込んだイベントを開催する葬儀社様があります。

 

大義は孤独死0、自殺者0の街づくり

 

その名も「いのちのリレーまつり」

 

ビジネスは二の次。

本気で地域の方々の孤独死0、自殺者0を目指したイベントです。

OL_hanakoma_inochi_omote

1葬儀社が大義を発信することで、多くの方々を巻き込み実現したこのイベント。

販促活動も、ほぼ全住民に行き届く形で告知をして頂けることになりました。

 

ビジネスはとても大事。

しかし、それ以上に、なぜその事業を行っているのかを徹底的に考え突き抜けることの方がもっと大切なのです。

 

ちなみに、光田自身が葬儀社のコンサルティングを行っているのは、

葬儀社を通して、日本を良くするため。

 

葬儀社が日本を良く出来ると本気で考えています。

 

また、その真相については次回のブログにアップいたします!

 

それではまた。




[前日の記事] «

[翌日の記事]  »

2014年5月10日 2:02 AM   カテゴリ: 葬儀経営 コンサルティング現場より     

先日、ある葬儀社様で行った研修の一部を今回はご紹介。

 

お客様に満足してもらうためには何をしなければならないのか。

 

それは非常にシンプルな話です。

 

お客様の期待値を超えること。

 

例えば、資料請求一つにしてもそうです。

 

他社が一枚ピラのチラシしかおくって来ない葬儀社と、

40ページほどボリュームのあるツールが送られてくる葬儀社とを

比較して、どちらがお客様の心を掴む可能性が高いか、というと、当然、後者です。

 

資料請求を例にとりましたが、どのようなシーンでも同じです。

事前相談でも、打合せでも、葬儀の施行時でも、

いかにお客様の期待値を上回れるかでお客様の満足度が決まります。

 

ぜひ、皆様もお客様の期待値を上回るためには何をするべきかを

常日頃から考える訓練してみてはいかがでしょうか?

 

 




[前日の記事] «

[翌日の記事]  »