船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ » 経営者の仕事

2015年3月14日 3:42 PM   カテゴリ: 経営者の仕事      Tags:

皆様、こんにちは。光田です。

 

「夢」「なりたい自分」「人生を通じて成し遂げたい目標」

 

皆様はお持ちでしょうか?

 

私は今まで夢はどんな人でも持つべきだと思っていました。

夢があれば、今を懸命に生きることができる。

 

だからこそ夢が必要、と。私は今でも明確に夢を持っています。

 

しかし、最近気づいたことがあります。

 

夢を大人になっても持ち続けられる人というのは、

本当に少数であると。

 

経営者の皆様も従業員さんに聞いてみてください。

 

「●●さん、夢ある?」と。

 

「マイホームを買うのが夢。」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

ここで伝えたい夢とは違います。

 

ここで伝えたい夢はミッション(使命)を帯びた目標のことです。

 

きっと明確に、自分の人生を通して●●をして、●●という影響を与えたい。

と言える人は少ないのではないかと、思います。

 

そこにたたみかけるように、

「夢を持ちなさい!」なんて押し付けをすると、これはパワハラです。

※今まで私はこうしてきていました。

 

しかし、私のように押し付けをしてしまう人は、

夢はあったほうがきっとやりがいのある生活が送れるはず。と、本心で思っているのです。

 

 

●夢があれば、モチベーションに左右されなくなる。

●夢があれば、常に成長ができる。

●夢があれば、今まで以上に仕事が楽しくなる。前向きになれる。

●夢があれば、チャレンジをすることが楽しくなる。チャレンジすれば後悔は少なくなる。

 

などなど、夢を持つ利点はたくさんあることを知っているからです。

 

しかし、ここで矛盾が生じています。

夢を持った方がいいことは知っているけれど、夢を持てる従業員さんは多くない。

夢を持て、といっても押し付けになり何の意味もない。

最後にはパワハラとなり辞めていく。

 

だからこそ、大切なことは、

経営者が描く夢をスタッフと共有することなのです。

 

「私にはこの会社を通して実現したい○○という夢がある。

一緒にそれを実現していかないか?」

会社の夢にのっかってもらうことは出来るのです。

 

もし従業員さんが、

「私の夢はこの会社で、●●というミッションを成し遂げることです。」

言える会社は一体感があり、強い会社です。

 

だからこそ、経営者の皆様、「夢を持ちなさい」と押し付けるのではなく、

「一緒にこの夢の実現をしていこう!」と伝えていきましょう。

 

会社を一体化させていくためには、経営者の夢を見る力、

そして、夢を共有する力が求められているのです。

 

以上、経営者に求められる力についてでした。

 

それではまた。



■経営者の仕事カテゴリの最新記事

[前日の記事] «

[翌日の記事]  »

2015年2月7日 9:56 AM   カテゴリ: 経営者の仕事      Tags:

おはようございます。光田です。

 

最近、非常に強く意識することは一つ目線を上に上げることです。

 

例えば、3億円の葬儀社であれば、5億円でなく、10億円を目指す。

そのために、5億円になった時はどんな体制になっているべきなのかを考え

常に逆算でものごとを考えていく。

10億の会社なら30億。そういった具合に考えていく。

 

イベントでもそうです。

昨年100人のイベントを、どうすれば300人になるかを考えるのではなく、

どうすれば1000名のお客様が来るかを逆算して考える。

 

自分が見える範囲の目線を持つのではなく、

目線を一つ上に上げることで行動していくことが経営にとって非常に大切なことです。

 

経営コンサルタントとして、経営者の目線を上に上げるためにも、

多くの成功企業の事例を携え、経営者と対話していきたいと思う今日この頃でした。

 

さぁ、本日も目線を上げにいってまいります。



■経営者の仕事カテゴリの最新記事

[前日の記事] «

[翌日の記事]  »