船井総研発 生花業・葬祭業 経営コンサルティングブログ » 勘を養うトレーニングは人を幸せにする

2013年11月23日 6:46 AM   カテゴリ: 生花店 マーケティング, 葬儀社 マーケティング      Tags:

こんにちは。光田です。

 

私は勘を養うことは、とても大事だと考えております。

 

勘が養われれば、相手の気持ちが少しわかるようになります。

生花店であれば、お客様の欲しがっているイメージがわかるようになってきます。

葬儀社であれば、打合せ時にお客様に共感できるレベルが格段とあがります。

 

そして、何よりお客様の心の動きが推測できるようになるので、

マーケティング活動などにも役立てることができるようになるのです。

 

スポーツをする時にも勘は役に立ちます。

もっといえば、夫婦関係、恋人との関係、友人との関係、

全てのコミュニケーションが円滑になってくるのです。

 

こんなステキな勘ですが、

光田が行っているシンプルなトレーニング法をご紹介したいと思います。

 

いたってシンプルです。

 

人と会話をする時、「この人はこういう人ではないかな?」

と妄想することを癖付けするだけ。

 

そして、「○○さんってよく△△っていわれません?」とか、

「それって◆◆ですか?」など、勝手な妄想の答えあわせをします。

 

すると、「なんで分ったの?!」という場合もあれば、

「いや、そうではないんだけどね。」といわれる場合もあります。

 

とはいっても、相手が嫌な気持ちになることを言わなければ、

そこで話が途切れてしまうことはないので、間違うことを恐れる必要はありません。

※むしろそこから話が広がっていきます!

 

このような少々、人からみれば「何やってるの?」ということを楽しみながら、

光田は勘を養っています。

 

長年、繰り返しトレーニングを行っていると、

最近では勘が当たる精度が高まってまいりました。

 

勘を養うことが楽しむことができるようになれば、

嫌な体験でも新たな嗅覚を養うキッカケになるので、全てのことが楽しくなってきます!

 

是非是非、皆様も勘を養うトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?




[前日の記事] «

[翌日の記事]  »